高級外車カーリースおすすめ3社を徹底比較!カーリース個人利用のデメリットも紹介

recommend-luxury-car-leasing-service

 

悩んでいる人
外車(輸入車)のカーリースでおすすめのサービスはなに?料金は国産車と比べて高いの?安く外車に乗る方法を知りたい!

 

このような悩みを解決します。

カーリースは車のサブスクリプションとして、人々の生活になじみつつある新種のサービスです。

この記事を最後まで読むと、損をせずに利用できる方法がわかるので、あなたに最適な高級外車(輸入車)に乗れるカーリースを選べるでしょう。

関連記事

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)  悩んでいる人「SOMPO(損保)で乗ーる」の利用を考えているけど、本当にお得なのか気になる。カーリースの特徴や評判、審査の厳しさを知りたい。[…]

高級外車(輸入車)に乗れるカーリースおすすめ3社を徹底比較!【ランキング】

 

高級外車カーリースでオススメのサービスを3社に厳選して紹介します。

わかりやすく比較するために、料金や車種などを一覧表にまとめました。

 

サービス名SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)
NOREL(ノレル)カーコンカーリース
おすすめ度🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 🌟🌟🌟
HP掲載台数(外車のみ)115台(14メーカー)35台(10メーカー)33台(7メーカー)
取り扱いメーカーBMW

メルセデス・ベンツ

フォルクスワーゲン

アウディ

ジープ

ボルボ

プジョー

ルノー

フィアット

ジャガー

アルファロメオ

シトロエン

スマート

ランドローバー

BMW

メルセデス・ベンツ

フォルクスワーゲン

アウディ

プジョー

ルノー

アルファロメオ

シトロエン

ポルシェ

クライスラー

BMW

メルセデス・ベンツ

フォルクスワーゲン

アウディ

シトロエン

ボルボ

プジョー

 

料金41,000円~234,000円39,800円~79,800円30,030円~47,850円~(ボーナス支払いなしの場合)
月間走行距離1,000km、1,500km、2,000km、3,000km5000㎞記載なし
契約年数3年・5年・7年90日~2年(または5000㎞)7年・9年
頭金・各種税金(車検)全てコミコミ頭金あり全てコミコミ(ボーナス支払いあり)
保険自賠責のみ(任意保険はオプション。等級引継ぎ可)自賠責のみ(任意保険はオプション。等級引継ぎ可)自賠責のみ(任意保険はオプション。等級引継ぎ可)

*2021年3月時点

 

HP掲載の取り扱い台数は「SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) 」が最多の115台で、次に多い「NOREL(ノレル)」との差は80台と大きく開きました。

取り扱いメーカー数も「SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)」が14と最も多いです。

料金はどのカーリースもあまり変わらず、契約年数はNOREL<SOMPOで乗ーる<カーコンカーリースと、右に行けば行くほど長くなります。

 

3か月~1年スパンで、いろいろな外車に乗りたい人→NOREL(ノレル)

新車で3年程度、1台の外車に乗りたい人→SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

コスパ重視で10年近く、1台の外車に乗りたい人→カーコンカーリース

 

次に、それぞれのカーリースを詳しくみていきましょう。

1位:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

 

SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)」は、外車の取り扱いが業界No.1で、一番オススメのカーリースです。

ほとんどのクルマ(輸入・国産)を新車でリースでき、契約終了後は自分のものにすることもできます。

「たまーに乗―る」「いつでも乗―る」という2つのメンテナンスプランが用意されており、専属の担当者もつくので初めてのカーリースでも安心して利用できるでしょう。

車検や税金が、無料付帯のメンテナンスパックで賄えるのもうれしいです。

オプションで冬タイヤの用意もあるので、年間を通してクルマに乗り続けることができます。

自分が乗らないときはカーシェア「Anyca(エニカ)」に貸し出して、維持費を抑えてもOK。

外車・輸入車は壊れやすい点がデメリットなので、メンテナンスパックやサポート体制が充実している「SOMPOで乗ーる」は、特におすすめのカーリースです。

 

<<<無料で見積もりが取れる!>>>

 

2位:NOREL(ノレル)

出典:NOREL(ノレル)

 

NOREL(ノレル)」はガリバーが提供するカーリースで、いろいろな外車(輸入車)を短期間で乗り継ぎたい人にオススメのサービスです。

カーリースは短くても1年契約のサービスが多い中で、最短90日から利用できます(新車は5000㎞または10ヶ月まで)。

新車と中古車どちらも取り揃えており、全国500店舗以上のガリバーで手続きや乗り換えができるので手間がかかりません。

新車のラインナップが少なめで、年式の古い(3年~10年落ち)外車が多くラインナップしている印象を受けました。

外車らしく、現行モデルを乗り継ぎたい人には向かないカーリースでしょう。

NORELは、短期間(3ヶ月~1年以内)だけクルマを持ちたい人や、新車を数か月単位でどんどん乗り継ぎたい人にオススメのカーリースです。

 

<<<全国500店舗で受け取りできる!>>>

3位:カーコンカーリース

出典:カーコンビニ俱楽部

 

カーコンカーリースは、車検や板金などクルマのことならなんでもござれな「カーコンビニ俱楽部」が提供するカーリースです。

「もろこみ7」と「もろこみ9」という2つのプランが用意されており、それぞれ7年・9年のリース契約になります。

契約満了の2年前から違約金なしで返却、または乗り換えが可能になり、満了時はクルマをもらえるのが特徴です。

ETCやバックカメラ、ワイパーやバッテリーなどはオプションで別途料金が加算されます。

少なくとも5年~の長期契約になる分、月額料金は安くなるので、長期使用が前提でなるべく予算を抑えたい人にオススメのカーリースです。

 

<<<コールセンター24時間受付中!>>>

 

高級外車(輸入車)カーリースを個人利用するデメリットとメリットは?

ここでは、高級外車(輸入車)カーリースを個人利用するデメリットとメリットをチェックします。

結論から言うと、外車と国産車のカーリースで、メリット・デメリットはたいして変わりません。

注意すべきは、デメリットは人によっては不利にならないこともありますし、メリットだからといって利点とは限らないということです。

「自分にとってどうなのか」という視点で確認しましょう。

デメリット5つ

まずは高級外車カーリースのデメリットからです。

 

  1. 新車で購入するより割高になる可能性が高い
  2. 傷や汚れに注意しなければならない
  3. 走行距離制限がある
  4. 契約満了時に差額を求められることがある
  5. 中途解約には解約金が必要

 

1.新車で購入するより割高になる可能性がある

新車で購入して売却した場合よりも、カーリースした総額が高くなる可能性があります。

残価を差し引くから購入した場合よりもお得という理論ですが、残価はあくまでも予想です。

予想以上に価値が残らなかったときは追加料金が発生しますし、月々支払いには金利がかかります。

トータルで見たら、普通に購入したほうが安上がりになるかもしれません。

2.傷や汚れに注意しなければならない

傷や汚れは、返却時の査定に大きく影響します。

修理が必要なときは追加で精算しなければなりません。

普段から神経をすり減らしてまで乗る価値があるのか考えましょう。

3.走行距離制限がある

カーリースごとに走行距離制限があります。

例えば月間1000㎞で契約した場合、これを下回るように計算してクルマに乗る必要があります。

クルマに乗るたびに走行距離を意識するのはストレスになる人もいます。

4.契約満了時に差額を求められることがある

  1. 傷や汚れがあった
  2. 走行距離をオーバーした
  3. 改造した
  4. 価値が残っていなかった

上記は例えですが、このようなときは満了時に追加料金を支払う必要があります。

思わぬ出費に悩まされることもあるのがカーリースです。

契約終了時にクルマをもらえる契約の場合はこの限りではありません。

5.中途解約には解約金が必要

契約期間よりも前にクルマを返却したい時は、解約金が発生します。

契約の時点で、どのくらいクルマを乗るか計画しておきましょう。

メリット5つ

次に、高級外車カーリースのメリットをチェックしましょう。

 

  1. 毎月定額支払いだから管理しやすい
  2. 貯金がなくても新車に乗れる
  3. 申し込みから引き渡しまでネットで完結
  4. 外車で高額になりがちなメンテナンス費が抑えられる
  5. 車種を問わずに新型の高級外車を楽しめる

 

1.毎月定額支払いだから管理しやすい

カーリース最大の特徴は、毎月コミコミで定額支払いという点です。

車検などで急な出費を強いられる可能性がないので、家計管理がしやすくなります。

2.貯金がなくても新車に乗れる

頭金や各種税金が月額に含まれているので、初期費用が0円で済みます。

通常、購入するとなると頭金で100万円かかり、その他手数料などで数10万円かかります。

それらがすべて0円になるので、貯金のない人でも安心して新車に乗ることができるのです。

3.申し込み手続きはネットで完結

カーリースは、クルマの引き渡しまでの手続きがネットで完結できます。

もちろん、電話やチャットもあるので、わからないことはいつでも問い合わせることが可能です。

何度も店舗に足を運ぶわずらわしさがないのも、カーリースのメリットでしょう。

4.外車で高額になりがちなメンテナンス費が抑えられる

外車(輸入車)は、どうしてもメンテナンス費用が高くなります。

クルマが故障したときは、本国から部品を取り寄せるためです。

保証外の場合は、平気で20万円以上請求されることもあります。

カーリースは、メンテナンスパックがあるので、故障しても0円で直せるのです。

5.車種を問わずに新型の高級外車を楽しめる

高級外車は現行モデルを乗り回してこそ!と考える人も多いはず。

カーリースは、毎月定額でどんどんクルマを乗り継ぐことができるので、気になったらすぐに試せちゃいます。

高級外車(輸入車)カーリース会社を選ぶ時のポイント

ここでは、高級外車カーリースを提供している会社を選ぶ時のポイントを解説します。

ポイントは、以下の6つです。

 

  1. 車種
  2. 料金
  3. 契約年数
  4. 年式
  5. 走行距離
  6. メンテナンスパック

 

結局、どのカーリースが良いの?という悩みを解決しましょう。

もう一度、はじめでお見せした比較表を載せておきます。

 

サービス名SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) NOREL(ノレル)カーコンカーリース
おすすめ度🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟 🌟🌟🌟
HP掲載台数(外車のみ)115台(14メーカー)35台(10メーカー)33台(7メーカー)
取り扱いメーカー(車種)BMW

メルセデス・ベンツ

フォルクスワーゲン

アウディ

ジープ

ボルボ

プジョー

ルノー

フィアット

ジャガー

アルファロメオ

シトロエン

スマート

ランドローバー

BMW

メルセデス・ベンツ

フォルクスワーゲン

アウディ

プジョー

ルノー

アルファロメオ

シトロエン

ポルシェ

クライスラー

BMW

メルセデス・ベンツ

フォルクスワーゲン

アウディ

シトロエン

ボルボ

プジョー

 

料金41,000円~234,000円39,800円~79,800円30,030円~47,850円~(ボーナス支払いなしの場合)
月間走行距離1,000km、1,500km、2,000km、3,000km5000㎞記載なし
契約年数3年・5年・7年90日~2年(または5000㎞)7年・9年
頭金・各種税金(車検)全てコミコミ頭金あり全てコミコミ(ボーナス支払いあり)
保険自賠責のみ(任意保険はオプション。等級引継ぎ可)自賠責のみ(任意保険はオプション。等級引継ぎ可)自賠責のみ(任意保険はオプション。等級引継ぎ可)

1:車種

カーリース会社によって、取り扱いのある車種(メーカー)は異なります。

自分が乗りたいクルマの取り扱いがあるのか、チェックすることが重要です。

上記表から、G3(BMW、メルセデス・ベンツ、アウディ)はどのカーリースでも取り扱いがありますが、ジャガーやランドローバーはSOMPOで乗ーるしか扱っていないことがわかります。

くれぐれも、あると思って契約したけど、乗りたいクルマがなかったなんてことのないようにしてください。

2:料金

乗りたい車種が複数のカーリースで確認できたら、料金を確認しましょう。

上の表ではざっくりとしかわかりませんが、カーリースのHPで見積もりが取れます。

車体や契約年数、走行距離などを同じように設定し、どのカーリースが最安値か比較してから契約しましょう。

3:契約年数

契約年数はカーリースごとに設定年数が違います。

NORELは最短3か月~ですし、カーコンカーリースは最短でも7年必要です(契約の2年前から返却or乗り換えは可能)。

どのくらい外車を乗りたいか考えてから契約しましょう。

中途解約は、違約金が発生します。

4:年式

乗りたい外車・輸入車の年式も忘れずにチェックしましょう。

あまりに古いと故障が増えますし、なくなく返却しなければならなくなるかもしれません。

余談ですが、2021年2月28日にHPをチェックしたところ、SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)だけが高級外車を新車で扱っているとわかりました。

NORELとカーコンカーリースも新車があるとHPには書いてありますが、検索では中古車しかでてこなかったのでHPには記載されていないのかもしれません。

5:走行距離

走行距離は月額料金に大きく関わってきます。

たくさん乗れば乗るほど月額料金は高くなり、乗る距離が少なければ料金は安くなるのは、ご存じのとおりです。

細かく走行距離を選択できるカーリースにしたほうが、月額料金は安く抑えることができます。

契約前に、月間でどのくらいの走行距離になりそうか、具体的な数字で出しておきましょう。

6:メンテナンスパック

メンテナンスプランは、表の3サービスすべてで用意があります。

問題は、メンテナンス内容と料金です。

最低限、車検や税金が無料になればよいのなら無料付帯のパック(SOMPOで乗ーる)で足りるかもしれませんが、月間1000㎞以上走る場合はオプションのメンテナンスプランに加入したほうが良いでしょう。

外車が国産車より壊れやすいのは事実ですし、修理費も馬鹿になりません。

契約後のフォローを重視するなら、メンテナンスパックが充実したカーリースがオススメです。

高級外車(輸入車)のカーリースはこんな人におすすめ!

  • 月々定額で安心して高級外車に乗りたい人
  • 短期間だけ高級外車を楽しみたい人
  • とにかくたくさんの高級外車に乗りたい人

カーリースをはじめて利用する人は、メンテナンスやアフターフォローが充実している「SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)」がオススメです!

3か月~1年利用したい人は、「NOREL(ノレル)」、7年以上同じクルマに乗る予定の人は「カーコンカーリース」もチェック!

 

>>>SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)の公式サイトはこちら

>>>NOREL(ノレル)の公式サイトはこちら

>>>カーコンカーリースの公式サイトはこちら

 

まとめ:高級外車をカーリースでお得に乗ろう!

高級外車(輸入車)を扱っているおすすめのカーリース会社を3つ紹介しました。

一番のオススメは、SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)です。

業界No.1の外車ラインナップで、契約後のメンテナンスやアフターフォローがしっかりしているので、どんな人でも安心して利用できます。

購入すべきか迷ったら、カーリースの見積もりをとって判断するとよいでしょう。

 

<<<無料で見積もりが取れる!>>>

広告
最新情報をチェックしよう!