【評判】SOMPOで乗ーるはオススメ?カーリース審査やメリット・デメリットを徹底調査

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

 

悩んでいる人
「SOMPO(損保)で乗ーる」の利用を考えているけど、本当にお得なのか気になる。カーリースの特徴や評判、審査の厳しさを知りたい。

このような悩みを解決します。

車のサブスクリプションである「SOMPOで乗ーる」は、初期費用を抑えて毎月定額で車に乗れるカーリースです。

今回は、SOMPOで乗ーるの特徴をはじめ、メリット・デメリットや評判、他のカーリースとの比較をまとめました。

この記事を最後まで読むと、「SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) 」があなたにとって本当にお得なサービスなのかわかります。

 

  1. SOMPOで乗ーるの特徴
  2. SOMPOで乗ーるの評判
  3. SOMPOで乗ーるの審査概要
  4. SOMPOで乗ーるのメリット・デメリット
  5. SOMPOで乗ーるが向いている人

 

高級外車に乗れるオススメのカーリースはこちらの記事でまとめています。

関連記事

 悩んでいる人外車(輸入車)のカーリースでおすすめのサービスはなに?料金は国産車と比べて高いの?安く外車に乗る方法を知りたい! このような悩みを解決します。カーリースは[…]

 

SOMPO(損保)で乗ーるのカーリースとは?

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

SOMPO(損保)で乗ーるとは、SOMPOホールディングスとDeNAが共同出資した「株式会社DeNA SOMPO Carlife」が提供する、クルマの定額制サービス(カーリース)です。

所有するのではなくレンタルする「車のサブスクリプションサービス」として、ますます注目を集めています。

カーリースは、ユーザーが使いたい車をリース会社が代わりに購入してユーザーに貸し出すサービスのことで、月々料金を支払う契約期間中は自分の車のように利用できるのです。

YuN
オーナーはあくまでも「リース会社」だから、税金とかはユーザーが払わなくていいんだよ。

「SOMPOで乗ーる」の最大の特徴は、リースした車を第三者にそのまま又貸しできるという点です。

「株式会社 DeNA SOMPO Mobility」というグループ企業が提供する、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」に登録することで、リースした車両を第3者に貸し出せるようになります。

「SOMPOで乗ーる」でリースした車を使わない時は第3者に貸し出すことで、新たな収入源にすることができるのです。

悩んでいる人
個人がリースした車を第3者に貸し出すのって、法律で禁止されてなかった?
YuN
特約などがない限りは禁止されているね。そこで、Anyca(エニカ)の出番ってわけよ。

>>>SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) の詳細はこちら

>>>Anyca(エニカ)の詳細はこちら

SOMPO(損保)で乗ーるの特徴

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

ここでは、SOMPO(損保)で乗ーるがどんなカーリースサービスなのか、より詳しく確認しましょう。

一言でまとめると「SOMPOでー乗る(カーリース)」は、クルマを所有するうえで面倒なことをすべて排除した、クルマに詳しくない人にオススメのサービスです。

  1. クルマ代全額を払う必要がない
  2. 頭金・初期費用が0円
  3. 車検や税金だけでなく、メンテナンス代もコミコミ
  4. 契約終了時は4つの選択肢がある
  5. 2つのメンテナンスプランが用意されている
  6. 新車(国産車・輸入車)に乗れる
  7. カーシェア「Anyca(エニカ)」を利用して負担を軽減できる

1.クルマ代全額を払う必要がない

「SOMPOで乗ーる」はクルマの定額サービス(カーリース)です。

カーリースでは、クルマの購入費・維持費などから、契約期間満了時の予想車両価格(残価)を差し引き、残りのクルマ代だけを支払います。

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

2.頭金・初期費用が0円でずーっと定額

「SOMPOで乗ーる」ならば、頭金や初期費用・車検や税金といった費用が月額料金に含まれます。

購入後に発生する出費が一切なくなり、ずーっと定額支払いになるので、気軽に安心してクルマに乗れるようになるでしょう。

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

3.車検や税金だけではなく、メンテナンス代もコミコミ

クルマは所持しているだけで、消耗するモノです。

オイルやバッテリー、ウォッシャー液などのメンテナンス代がかかりますが、SOMPOで乗ーるの月額料金にそれら費用も含まれています。

月々定額支払いですべて賄えるので、ライフプランが立てやすくなるでしょう。

4.契約終了時は4つの選択肢がある

契約終了時は、以下4つの選択肢があります。

  1. 新車に乗り換える
  2. 残価を支払い、車を買い取る
  3. 再度リース契約する
  4. クルマを返却する

リースした車が気に入った場合

・残価を支払い、車を買い取る。

・再度リース契約する

リースした車とは別の車が気になる時

・別の新車でリース契約をする

・クルマを返却する

5.2つのメンテナンスプランが用意されている

「いつでも乗ーる」プランと、「たまーに乗ーる」プランという2つが用意されています。

オススメは、「いつでも乗ーる」プランです。

車検はもちろん、タイヤ交換や突発的な故障時にも対応してくれるので、面倒な手続きを一切なくしてクルマに乗ることができます。

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

ワンランク上のプランとして、「安心乗ーるプラス」というプランもあります。

メーカー保証が切れた後に、あらゆる修理や基幹部品の交換もしてくれるプランです。

長く乗りたい人にオススメのプランといえるでしょう。

6.新車(国産車・輸入車)に乗れる

「SOMPOで乗ーる」では、新車が用意されます。

国産車はもちろん、輸入車にも対応しているので、普段は手が出ないような高級車に乗ることも可能です。

BMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、ボルボといったプレミアムブランドが勢ぞろいです。

7.カーシェア「Anyca(エニカ)」を利用して負担を軽減できる

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

冒頭でも説明しましたが、個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」を利用して、月額料金を抑えることができます。

「Anyca(エニカ)」は、クルマを使わない間にシェアしたいオーナーと、必要な時だけクルマを使いたいユーザーをマッチングするサービスです。

自分が使わない時にシェアに出すことで、定額料金をさらに抑えることができます。

>>>SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) の公式サイトはこちら

SOMPO(損保)で乗ーるの月額料金は、車両価格や契約期間などによって変動する

「SOMPOで乗ーる」の月額料金が変動する要素は、以下の4項目です。

  1. 車両価格:グレード・車種によってリース料がアップする。高額車ほど高くなる。
  2. 走行距離制限:設定する月間走行距離が多いほど高くなる。1,000・1,500・2,000・3,000kmの4パターンから選ぶ。
  3. 契約期間:契約期間が短いほど月額料金は高くなる。3年・5年・7年という3種類のリースプランから選ぶ。
  4. メンテナンスパック:無料付帯のメンテナンスパックもあるが、毎日乗る人には心もとないので加入推奨。

これらの他に夏タイヤ・冬タイヤを切り替えできるオプションや、「安心乗ーるプラス」というメーカー保証外にも対応してくれるメンテナンスパックを追加することができます。

月額リース料金を安く済ませたい場合は、グレードの安い車体を選び、月間走行距離制限を少なめにし、契約期間を長くして、オプションを付けないといった方法をとりましょう。

メンテナンスパックに加入しなければ、さらに安くできます。

無料で付帯している「たまーに乗ーる」メンテナンスプランでも車検やオイル交換はしてもらえるので、ご安心ください。

自分でシミュレーションしたい人は、こちらの公式HPからどうぞ。

見積もりは無料でできます。

>>>SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) 公式サイトでシミュレーションしてみる

【概要】SOMPO(損保)で乗ーるの審査は厳しい?

ここでは、カーリースの審査項目をチェックしましょう。

項目は大きくわけて、4つあります。

  1. 年収
  2. 職業
  3. 勤続年数
  4. 債務履歴

1.年収

年収は、200万円がボーダーラインなので、それほど厳しくないという評判です。

200万円以上であれば、連帯保証人なしでも審査を通過できるでしょう。

注意してほしいのが、年収が高ければよいというわけではない点です。

年収が1,000万円だったとしても、毎月100万円の支払いがあっては全く足りませんよね。

反対に、年収100万円でも家賃などの支払いが一切なければ通過する確率があがります。

支払う余力があるかどうかが、チェックポイントです。

2.職業

ここで見られるポイントは、収入が安定しているかどうかです。

アルバイトや派遣社員よりも、正社員が通りやすいといえるでしょう。

3.勤続年数

勤続年数は、「安定した収入をどの程度見込めるか」の指標になります。

カーリースは数年~数10年単位で毎月の支払いが発生するので、継続した支払い能力の有無は、重要なチェックポイントです。

4.債務履歴

債務履歴では、「これまで滞納したことがあるか」を見られます。

リース会社は、クレジット取引に係る信用情報を収集・管理・提供・開示している「信用情報機関」に照会し、申込者が過去に何らかの支払いを滞納をしていないか、借入金の返済を延滞していないか、破産したことはあるかといった情報を取得します。

ここで「支払い能力なし」と判断されてしまうと、カーリースの利用は難しいでしょう。

SOMPO(損保)で乗ーるのメリットとデメリット

SOMPOで乗ーるというカーリースは素晴らしい!という感じで紹介してきました。

ここでは、SOMPOで乗ーるのメリットとデメリットをまとめたのでご確認ください。

SOMPOで乗ーるのメリット8つ【料金比較も!】

まずはSOMPOで乗ーるの、他社と比較した時のメリットからいきます。

かしこくカーリースを活用して、お得に新車を楽しみましょう。

  1. 他社と比較しても安い【カルモのN-BOXと料金比較】
  2. 自分の好きな新車を選べる
  3. メンテナンスプランで車両の整備もしてもらえる
  4. 輸入車もラインナップしている
  5. 基本的にずーっと定額で安心して乗れる
  6. カーシェアにも出せる
  7. 走行距離制限が3000㎞までと余裕がある
  8. 万一の時でも任意保険料は上がらない

1.他社と比較しても安い【カルモのN-BOXと料金比較】

実際に、競合である「おトクにマイカーカルモくん」と比較してみました。

上の画像が「カルモくん」のサイトでシミュレーションした結果、下の画像が「SOMPOで乗ーる」です。

比較条件

  1. N-BOX(Gグレード)
  2. 7年契約
  3. メンテナンスプランはカルモが「ゴールド」、SOMPOで乗ーるが「いつでも乗ーる」
  4. 走行距離はカルモが1500㎞、SOMPOで乗ーるが1000㎞

出典:車を持つなら貯金ゼロでもマイカー持てる 定額カルモくん

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

カルモが29155円~、SOMPOで乗ーるが23700円~という結果です。

ほぼ同じ条件でも、月額料金の差額が5455円と大きく開きました。

SOMPOで乗ーるは、リーズナブルな料金設定といえるでしょう。

2.自分の好きな新車を選べる

出典:SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)

SOMPOで乗ーるは、国産全メーカーの中から、好きな車を新車で選ぶことができます。

ほぼすべてのグレード・車種を揃えているので、あなたが乗りたいクルマに出会えるでしょう。

3.メンテナンスプランで車両の整備もしてもらえる

無料で付帯している「たまーに乗ーる」プランでも、車検費用やオイル交換程度の簡易的なメンテナンスが含まれます。

月間1000㎞未満の走行をする方であれば、3年後の初回車検までは、特に問題が起こることは無いでしょう。

月間1000㎞以上乗る人は、「いつでも乗ーる」プランの方がメンテナンス内容が充実しているのでオススメです。

4.輸入車もラインナップしている

  • BMW
  • メルセデス・ベンツ
  • アウディ
  • ボルボ
  • フォルクスワーゲン
  • ジープ
  • レンジローバー
  • ジャガー
  • アルファロメオ
  • シトロエン
  • プジョー

上記のような海外ブランド車がラインナップしています。

購入すると500万円~のような車種ばかりですが、カーリースならば月々10万円以下で利用できるので、ワンランク上のクルマに乗ることもできます。

5.基本的にずーっと定額で安心して乗れる

SOMPOで乗ーる(カーリース)の特徴の1つに、頭金と初期費用が0円はよくいわれます。

しかし、裏がありまして、他のサービスでは「メンテナンスパックに加入したら」という条件があるのです。

SOMPOで乗ーるなら、無料付帯のメンテナンスプラン「たまーに乗ーる」に車検費用などが含まれているので、本当にずーっと定額で利用できます。

6.カーシェアにも出せる

又貸しは法律で禁じられていますが、SOMPOで乗ーるの場合は「Anyca(エニカ)」を利用できます。

自分が乗らない時期はカーシェアに出すことで、月々の維持費を抑えることができるのです。

7.走行距離制限が3000㎞までと余裕がある

他のサービスでは、月間1500㎞~2000㎞までがほとんどですが、SOMPOで乗ーるは3000㎞までOKです。

仮に7年間、毎月3000㎞乗ったとすると、3000㎞×12か月×7年=252,000㎞となります。

それでも残価が残るように設定できるので、提供会社が「SOMPOで乗ーる」に本気で取り組んでいる証拠といえるでしょう。

8.万一の時でも任意保険料は上がらない

SOMPOで乗ーるは、カーリースの契約内容に任意保険を組み込むことができるので、支払い料金を統一することができます。

SOMPOは、自動車保険は十八番なので安心してください。

万が一事故を起こしてしまった場合でも、満期までは等級がダウンすることもないです。

>>>SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) の公式サイトはこちら

SOMPOで乗ーるのデメリット5つ

次に「SOMPOで乗ーる」のデメリットです。

カーリースは、しっかりと計画を立てて乗ればデメリットになりません。

損をしないために、よく確認してから申し込みましょう。

  1. 中途解約は原則不可
  2. リース期間の選択肢が少ない
  3. 返却時に追加料金が発生する可能性がある
  4. 買取する場合は一括購入やローンよりも割高になる
  5. クルマの装備を細かく指定できない

1.中途解約は原則不可

「SOMPOで乗ーる」は途中解約できません。

契約は3・5・7年の3つから選ぶのですが、契約年数よりも早く解約する場合は違約金が発生します。

契約年数を長くすればするほど料金は安くなりますが、じっくり考えてきめるようにしましょう。

2.リース期間の選択肢が少ない

上でも説明した通り、契約期間は3・5・7年の3つからしか選べません。

他のサービスでは1年プランや9年プランもあるので、契約期間における柔軟性では劣ります。

細かく期間を決めて利用したい人には向かないでしょう。

3.返却時に追加料金が発生する可能性がある

返却時に、走行距離や車両の状態をチェックされます。

契約以上の距離を走っていた場合や、修理が必要な傷を作ってしまった場合は、追加料金を精算する必要があります。

普段から細かいことに気を付けて乗らなければならない点はデメリットです。

4.買取する場合は一括購入やローンよりも割高になる

リースして気に入った車を買取する場合は、一括購入よりも割高になる可能性が高いです。

月々の料金に車検や税金が含まれており、これらには金利がのっています。

金利の分と、「残価」として残しておいたクルマの価値がかさむので、カーリースしてからの購入はオススメできません。

5.クルマの装備を細かく指定できない

どのメーカー、どの車種においてもある程度は指定できますが、細かいオプション設定などはできません。

改造することもできないので、自分が好きなようにクルマをいじりたい人にとって、カーリースは物足りないでしょう

>>>SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる) の公式サイトはこちら

SOMPOで乗ーるの口コミ、評判は?

ここでは、実際にSOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)を利用している人の口コミ・評判をまとめました。

口コミ

60代・男性 カローラツーリング
車検代や税金などの支払いの煩わしさがないところが良かったです。


50代・男性 スペーシア

毎月定額なので、家計管理がしやすいのは助かります。
また、そこまで車に詳しくないので、定期点検などがあると安心です。

60代・女性 ハスラー

高齢になり、車の管理が大変になってきた。車も年式が重み、変えようと思ったが、なかなか足が動かず、そのままの状態になっていた所、リースのお話を聞き、手続きもラクだったので決めようと思いました。


30代・男性 ウェイク
車の乗り換えを検討していたところタイミング良くマイカーリースの紹介をしていただいたため。希望の車種を希望の予算で乗れる。購入よりもリースの方が我が家の条件には合っていた。

カーリースは車のサブスクリプションとして新しいサービスですが、すでに生活の一部になっている人も多いです。

自動車を利用するうえで、購入以外の選択肢ができたことは喜ばしいですね。

まとめ

  • 「SOMPOで乗ーる」は、料金やサービスの質が大手カーリース会社に見劣りしない!
  • 国産車だけでなく、輸入車の新車にも乗れる!
  • 乗らない時は、カーシェアに出して維持費を軽減できる!
  • 審査はそれほど厳しくない!
  • メンテナンスパックがあるから安心して乗れる!
  • クルマに詳しくない人にこそ、「SOMPOで乗ーる(カーリース)」はオススメ!

 

広告
最新情報をチェックしよう!