本ページは、プロモーションが含まれています
サカイ引越センターのダンボールに入らない場合の対処法を経験者が解説

サカイ引越センターのダンボールに入らない場合の対処法を経験者が解説

サカイ引越センターで引越しするけどダンボールに入らない。こんな時はどうすればいいの?

このような悩みを解決します。

ゆん
こんにちは、ゆんです。サカイ引越センターで3回引っ越したので、そこそこ詳しくなりました

 

サカイ引越センターの場合、ダンボールを30枚くらい無料でくれますが、中にはダンボールに入らない大きいものだったり、足りなくなったりすることもありますよね。

結論からいうと、いずれの場合でも当日の引っ越しでサカイさんが対応してくれるので、そこまで気にする必要はありません。

ゆん
全然梱包できていなかったり、あまりにも多すぎると追加料金が発生するので、努力はすべきですけどね

 

本記事では、ダンボールに入らない場合の具体的な対策をご紹介します。

サカイさんは超親切です。

確実に引っ越しはできますのでご安心ください。

関連記事

サカイ引越センター新潟の評判はどうなの?使っても平気そう?料金や対応はどうなの? このような悩みを解決します。 ゆん こんにちは、ゆんです。僕は新潟市内から市内に3回引っ越して、いずれもサカイさんを使いました […]

サカイ引越センター新潟で3回引越したので口コミ・評判レビューする

サカイ引越センターのダンボールに入らない場合の対処法を経験者が解説

引越しの準備中、サカイ引越センター提供のダンボールに荷物が入らない場合がありますよね。

実際に僕も直面した問題ですが、その時の対策をご紹介します。

ケース1: ダンボールが小さすぎて入らない場合

まず、ダンボールが小さすぎて入らない場合の対処法は下記の3つです。

  1. 荷物の分割: 大きな荷物は、可能な限り分解して小さくすることをおすすめします。解体可能な家具は分解したほうがいいです。
  2. 別の梱包材にいれる: ダンボール以外にも、布やビニール袋などの柔軟な梱包材を使用して荷物を包むことができます。ボストンバックなどがあれば、使いましょう。
  3. サカイ引越センターへの相談: サイズが合うダンボールが必要な場合は、サカイ引越センターに相談してみましょう。大きなサイズのダンボールや特別な梱包材を提供してもらえる場合があります。
ゆん
まあ、ダンボールが小さすぎて入らない場合は、サカイさん側も対応策を持っているので、無理して詰め込まなくていいと思います

 

電子レンジとか扇風機とか無理ですもんね。

常識の範囲内で、ダンボールに詰め込むと良いでしょう。

ただし、隙間なく詰め込まないと、ダンボールが足らなくなる可能性があるのでご注意ください。

ケース2: ダンボールの数が足らなくて荷物が入らない場合

次に、ダンボールが足らなくて梱包できない場合の対処法は下記3つです。

  1. 追加のダンボールの要求: サカイ引越センターに連絡して、必要なダンボールの数を追加で要求しましょう。多くの場合、引越し会社は追加の梱包材を提供してくれます。ただし、追加料金が発生することもあるので、無料でもらえても5枚程度だと思ってください。
  2. 自分でダンボールを用意する: 近くのスーパーマーケットや家電量販店などで、使用済みのダンボールをもらうことも一つの方法です。また、購入することも可能ですが、事前にサイズを確認しましょう。
  3. 不要な荷物の整理: ダンボールが足りない場合、持っていく荷物を再評価する良い機会かもしれません。不要なものは処分または寄付することで、荷物の量を減らすことができます。
ゆん
基本的には、足らない事態にはならないはずです

 

なぜなら、そのための見積もりでもあるから。

入りきらない場合もあるでしょうが、梱包を効率よく、隙間を作らないように詰め込むことをおすすめします。

サカイ引越センターのダンボールに入らなくてもスタッフが対応してくれる

サカイ引越センターでは、ダンボールに入らない荷物についてもスタッフが適切に対応してくれます。

サカイさんとしても、引っ越しをスムーズに終えたいですからね。

そのため、基本的には、入りきっていない荷物があっても勝手に梱包して持って行ってくれるはずです。

ゆん
ただし、梱包されていない荷物が多すぎると追加費用が発生するので、自分で梱包した方が良いです

 

追加料金が発生する場合

  • 梱包できてない荷物が多い場合:梱包作業が発生するため、追加料金が発生する可能性があります。少しなら追加費用は掛かりませんが、多すぎると作業開始前に言われますよ。
  • 特別な梱包材が必要な場合: 例えば、非常に大きな家具や精密機器など、通常のダンボールや保護材では対応できない荷物は、特別な梱包材を使用する必要があります。
  • 追加の作業員が必要な場合: 大型の荷物を安全に運搬するためには、通常よりも多くの作業員が必要になることがあります。追加の人件費がかかるかもしれません。

追加料金が発生しない場合

  • コートやスーツなどの衣類: サカイ引越センターでは、コートやスーツなどの衣類については専用のハンガーラックを提供しています。これにより、衣類を別に梱包する必要がなく、折りジワを防ぐことができます。このサービスは追加料金なしで提供されます。
  • 標準サービス内での対応: 引越しプランによっては、ある程度の特別な梱包や荷物の取り扱いが標準サービスとして含まれていることがあります。この場合、追加の料金は発生しません。
関連記事

サカイ引越センターで引越しする場合、ダンボールはいつ届くの?日付指定とかできるの? このような悩みを解決します。 ゆん こんにちは、ゆんです。サカイ引越センターで3回引っ越ししているので、サカイさんに関しては詳しい自負があ[…]

サカイ引越センターのダンボールはいつ届く?3回使った僕が解説

ダンボールに入らない荷物の取り扱い方法の原則

引っ越しの際、ダンボールに入らない荷物がある場合には、適切な対応が必要です。

以下に、ダンボールに入らない荷物への対応方法を紹介します。

1.リスクが高い荷物の場合

一部の荷物は、ダンボールに入れると破損するかもしれないものがありますよね。

パソコンみたいな精密機器は特にそうです。

このような荷物は、引っ越し業者に頼んでおくか、自分で持っていくことがおすすめです。

ただし、リスクが低い荷物の場合は、簡易的な梱包で済むことが多いです。

2.自分で梱包する必要がある荷物

破損のリスクが低い荷物でも、傷や破損が気になる場合には、自分で事前に梱包を行うことをおすすめします。

特にダンボール以外に、エアパッキン(プチプチ)を使用して荷物を包んでおくと良いでしょう。

これにより、荷物が移動中に動かないようにすることができます。

3.引越し業者が引き受けていない荷物

国土交通省が定めた標準引越運送約款によると、引っ越し業者が引き受けていない荷物があります。

例えば、現金や有価証券、火薬類その他の危険物、動植物や特殊な管理が必要なものは、引越し業者が荷物として引き受けることはできません。

そのため、荷物として預けることができないものについては、自身で別途対応をする必要があります。

サカイ引越センターの梱包作業の範囲

ここでは、サカイ引越センターに梱包作業を依頼する場合の、作業の範囲について解説します。

ダンボールに入らない荷物の梱包について

引越しにおいて、ダンボールに入り切らない大きさや形状の荷物がある場合でも、サカイ引越センターの作業員が適切に梱包してくれます。

荷物の種類や大きさによっては、専門業者に依頼する必要がある場合もありますので、事前に確認することが大切です。

特殊な荷物の梱包について

貴重品や繊細な物品など、特殊な荷物についても、サカイ引越センターでは慎重に梱包を行います。

ただし、一部の高価な荷物や特殊な品目については、サカイ引越センターの提携業者では対応できない場合があります。

そのような場合には、お客様自身で専門業者を手配する必要があります。

梱包材の提供について

サカイ引越センターでは、ダンボール以外の梱包材も提供しています。

例えば、コートなど丈の長いものを梱包する際には、コートハンガーが付いているボックス、ラックを無料で貸し出しています。

他にも、衣装ケースはそのまま持っていけますので、ラックにかけるのはコートやスーツなど、大きめだったりしわにしたくない物をダンボールに入れましょう。

サカイ引越センターのダンボールに梱包しない方が良い物

引っ越しの際、引っ越し業者が運搬を担当できない特定の貴重品には注意が必要です。

以下の貴重品は引っ越し業者に預けられないため、自分で取り扱う必要があります。

現金や貴金属などの貴重品

  • 現金
  • 印鑑
  • 預金通帳
  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 宝石や貴金属

これらの貴重品は紛失や盗難のリスクが高いため、自分で持ち歩くようにしましょう。

保険証券やパスポートなどの証明書類

  • 保険証券
  • パスポート
  • その他の重要な証明書類

これらの証明書類も引っ越し業者に預けず、自分で管理する方が安全です。紛失した場合、再発行には時間と手間がかかることがありますので、事前に手元に保管しておきましょう。

火薬類その他の危険物、不潔な物品

  • 燃料(灯油やガソリンなど)
  • ライター
  • マッチ
  • 花火やガスボンベ
  • その他の危険物
  • 不潔な物品

これらの物品は他の荷物に損害を与える可能性があるため、引っ越し業者には預けられません。

特に夏場の引っ越しでは、トラックの荷台が高温になることがあるため、絶対にこれらの物品を入れないように注意しましょう。

動植物やピアノ、骨とう品など特殊な管理が必要なもの

  • ペットや大きな植木
  • 美術品や骨董品

動植物や美術品、骨董品などは特別な管理が必要なため、引越し業者は荷物として運ぶことができません。

小さな動物を引っ越しに同伴させる場合もありますが、命を最優先に考え、安全に運搬する方法を事前に調べておきましょう。

ダンボールの目安と追加購入の仕方

引っ越しの準備には、適切な数量のダンボールが必要です。

ここでは、ダンボールの目安と追加購入の方法について詳しくご紹介します。

ダンボールの目安

サカイ引越センターでは、契約時に最大で50箱(大・小の2種類)まで無料で提供されます。

ただし、使用する車両によって提供される数量は異なります。

追加購入の方法

もし追加のダンボールが必要な場合は、担当支社にお問い合わせください。追加購入に関しては、以下の点に注意してください。

  • 追加購入には別途費用が発生します。
  • 資材の料金はお客様負担となります。
  • 追加購入の可否や価格については、担当支社にご確認ください。

ダンボールの目安を事前に把握しておくことで、引っ越し作業がスムーズに進むでしょう。

もし追加購入が必要な場合は、なる早く手続きを進めるようにしましょう。

以上が、ダンボールの目安と追加購入の方法についての説明でした。引っ越しの際には、必要なダンボールの数量を正確に計算し、手続きを進めてください。

まとめ:サカイ引越センターのダンボールに入らなくても対応してくれる

引っ越しを円滑に行うには、ダンボールに入らない荷物への対応や、サカイ引越センターの梱包作業の範囲を理解することが重要です。

また、梱包を任せられない特殊な荷物や、取り扱い注意が必要な貴重品についても事前に把握しておく必要があります。

さらに、適切なダンボールの数量を見積もり、不足する場合はそれを追加購入する方法も知っておくと良いでしょう。

これらの情報を参考に、引っ越しの準備を十分に行えば、スムーズな引っ越しが実現できると思います。

関連記事

サカイ引越センターから引越し時間の連絡はいつ来るの?来ない場合はどうすればいい? このような悩みを解決します。 ゆん こんにちは、ゆんです。サカイ引越センターさんでは、3回引っ越しています   &nb[…]

サカイ引越センターから引越し時間の連絡はいつ来る?来ない場合の対処法

よくある質問

ダンボールに入らない荷物はどのように対応すればよいですか?

ダンボールに入らない荷物については、リスクの高さに応じて引越し業者に依頼する、自分で梱包する、または引越し業者が引き受けていないものは自身で別途対応する必要があります。破損リスクが低ければ簡易的な梱包で対応でき、リスクが高い場合は引越し業者に依頼するなど、状況に合わせた対応が重要です。

サカイ引越センターの梱包作業の範囲はどのようなものですか?

サカイ引越センターでは、ダンボールに入らない大型の荷物や特殊な荷物の梱包を行います。ただし一部の高価な品物や特殊な品目については、専門業者に依頼する必要がある場合もあります。また、梱包材の提供や荷物の運搬も行っています。

引越し業者に梱包を任せられない荷物にはどのようなものがありますか?

大型家具の一部、ガラス製品や陶器などの脆弱なもの、危険物や特別な管理が必要な物品などは、引越し業者に梱包を任せることはできません。これらの品物は自身で丁寧に梱包するか、専門業者に依頼する必要があります。

引越し時に特に注意が必要な貴重品にはどのようなものがありますか?

現金や有価証券、保険証券やパスポートなどの証明書類、危険物や特殊な管理が必要な動植物などは、引越し業者に預けることができません。これらの貴重品は自身で管理し、紛失や盗難に十分注意する必要があります。

error: Content is protected !!