NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションの紹介をするサイトです。
NFTゲームの初期費用は0~30万円!|7タイトルの調査結果と初期投資を安くする方法

NFTゲームの初期費用は0~30万円!初期費用なしゲームと安くする方法も解説

NFTゲームの初期費用は0~30万円!|7タイトルの調査結果と初期投資を安くする方法

NFTゲームの初期費用はどれくらい?無料じゃできないの?
NFTゲームの初期投資は何十万円もするって本当?
NFTゲームの初期費用を抑える方法があるなら教えて!

このような悩みを解決します。

  1. NFTゲームの初期費用はどれくらいか
  2. NFTゲームに初期費用がかかるワケ
  3. NFTゲームの初期費用を抑える方法
  4. 初期費用を抑えられるおすすめのNFTゲーム
ゆん
NFT売買をしつつ、NFTゲームでも遊んでいる筆者が解説していきます!

 

結論から言うと、NFTゲームの初期費用は0円~30万円と、ゲームによってピンキリです。

初期費用なし、無料でプレイできるNFTゲームもあれば、初期費用だけで10万円を簡単に超えるゲームもあります。

とはいっても、具体的にどのゲームがどれくらいなのか知りたいですよね。

そこで本記事では、NFTゲームごとに必要な初期費用をまとめました。

初期費用が安いNFTゲームが知りたい方や、初期費用を抑えてNFTゲームを始めたい方におすすめの記事です。

NFTゲームに初期費用は「必要」だが「必須」ではない

はじめに、誤解がないよう、NFTゲームの初期費用は「必須」ではないという話をしておきます。

一般的には、NFTゲームを始めるにあたって初期費用が必要とされていますね。

しかしこれは、NFTゲームで「本気で稼ぐなら」初期投資が必要というだけであり、「必須」ではないという意味です。

すべてのNFTゲームにおいて初期投資が必須というわけではありませんよ。

ゆん
実際に、初期費用0円で始められるNFTゲームはいくつもあります。

 

なぜNFTゲームにおいて初期費用が必要になるのかというと、本格的に収益を得るならそれ相応の装備(アイテム)が必要なためです。

詳しくは次章で解説しますが、初期費用が高ければ高いNFTゲームほど、より大きな額を稼げるチャンスがあります。

初期費用なし、無料でNFTゲームを始めることはできますが、稼ぎたいなら初期投資が必要です。

NFTゲームをプレイして楽しみたいだけなら、無料でプレイしてみることをおすすめします。

NFTゲームに初期費用が必要な理由【稼ぎたいなら初期投資すべき】

NFTゲームに初期費用が必要な理由は、ゲームを始めるために必要な装備(アイテム)やキャラクターを用意する必要があるためです。

これらがないと何もできないため、初期投資が必須というわけですね。

イメージ的には、野球を始めるために野球ボールやバット、グローブを用意するといった感じでしょうか。

ゆん
PS5で遊ぶために、PS5を購入する必要があるのと同じです!

 

とはいっても、前章でお伝えした通り、無料でプレイできるNFTゲームもあります。

無料で遊べるNFTゲームと、初期投資が必須のNFTゲームの違いは、ゲームのシステムです。

  • 既定のキャラクターやアイテムで遊ぶ
  • 自分でキャラクターを作って遊ぶ

大まかには、このような違いがあります。

既定のキャラクターでしか遊べないなら、先に仮想通貨を購入(これが初期費用です)して、キャラクターをゲットする必要があります。

自分でキャラクターを作って遊ぶシステムなら、有料アイテムなどにこだわらなければ無課金でも楽しめるでしょう。

このように、初期投資が必須なNFTゲームもあれば、無料でプレイできるNFTゲームもあるのだと思ってください。

ゆん
ちなみに、初期投資が必須なNFTゲームの方が稼ぎやすい傾向にあるんですよ。

 

アイテムやキャラクターの価格などが高く設定されており、仮想通貨も信頼性が高い「イーサリアム」が採用されていることが多いためですね。

初期投資が高いほど儲けやすいというのは、リアルと同じです。

NFTゲームで稼げない!と嘆いているのは、正しい努力をしていないか、無課金で頑張っているパターンがほとんどでしょう。

NFTゲームの初期費用まとめ【結論:0円~300,000円】

ここでは、人気NFTゲームに絞って初期費用をご紹介します。

結論からいうと、NFTゲームの初期費用は0円で始められるものもあれば、30万円ほどかかるものもあります。

タイトル別にサクッと解説していきますね。

①Axie Infinity(アクシーインフィニティ)の初期費用は50,000円ほど

axie

https://axieinfinity.com/

アクシーインフィニティはモンスターを育てて戦わせるNFTゲームです。

ポケ〇ンのようなものですね。

NFTゲーム内で作ったキャラクターを売ったり、イベントに参加してランキングに入賞することで仮想通貨をもらえます。

ゲーム開始時にアクシー(キャラクター)を3体用意する必要があるのですが、その必要資金として5万円ほどが必要です。

去年までは初期費用の回収が容易(1~2ヶ月)でしたが、今は少なくとも4か月以上プレイしないと回収が難しいですね。

稼げるものの、それ相応の努力が必要なNFTゲームです。

②The Sandobox(ザ・サンドボックス)の初期費用は150,000円~300,000円ほど

sandbox

https://www.sandbox.game/en/

ザ・サンドボックスは、メタバース(仮想空間)で土地を売買したり、不動産を立てたりして遊ぶゲームです。

似たゲームとして、マインクラフトがあります。

仮想空間の土地なので実在はしませんが、世界中の大企業が「次なる可能性」として捉えており、参入企業が増え続けています。

大企業の参入を受けて、The Sandoboxの初期費用も高くなっています。

2022年5月時点では、初期投資として15万円~30万円ほどが必要です。

ゆん
初期投資額が大きく、稼げるようになるまでの期間も半年以上は見ておくべきでしょう。

 

その分稼げる金額は他のNFTゲームより多いので、ハイリスクハイリターンなNFTゲームといえます。

③Sorare(ソラーレ)の初期費用は3,000円~10,000円ほど

sorare

https://sorare.com/?irclickid=XHEWH7SPMxyOTBZwUx0Mo3wBUkGSyfyKBTUBSk0&utm_medium=impact&utm_campaign=2883548&referrer=impact&irgwc=1

ソラーレは、現実のサッカーの試合とリンクしているNFTゲームです。

形式は、トレーディングカードですね。

現実の試合で、自分が持っているカードの選手が活躍したり、設定したチームが勝利したりすれば報酬が入ります。

始めるためには、Sorareのマーケットで選手のカードを購入する必要があるのですが、その初期投資として3000円~1万円程度必要です。

有名選手ほど価格が高く、クリスティアーノ・ロナウド選手のカードは約3200万円で取引された実績がありますね。

あらゆるNFTゲームのなかで、一番放置していても稼げるゲームです。

④Gala Gamesの初期費用は5,000円~10,000円ほど

galagemes

https://app.gala.games/about/

Gala Gamesは、「プレイしたくなるブロックチェーンゲームを作ること」をコンセプトの開発されたNFTゲームです。

複数のゲームから成り立っています。

2022年5月時点では、「Tower Star」、「Spider Tanks」、「Fortified」など、全5タイトルがプレイできます。

1つのゲームで複数の別ゲームを体感できる、新しいタイプのNFTゲームです。

Gala Gamesの初期費用は、おそよ5000円~1万円ほど。

⑤CryptoSpellsの初期費用は0円(無料)~2万円ほど

cryptospells

https://cryptospells.jp/

CryptoSpellsはNFTトレーディングカードゲームです。

従来のトレーディングカードが、NFTカードになったと思ってください。

リリース直後から注目を集めており、初日の売り上げが600ETH(日本円で1.5億円ほど)に到達して大きな話題となりました。 

CryptoSpellsは無料でも始められますが、他のゲームと同様に、稼ぐためにはレアカードが必須な仕組みです。

初期投資として1万円~2万円は必要でしょう。

⑥MyCryptoHeroesの初期費用は0円(無料)~1万円ほど

mycryptohellos

https://www.mycryptoheroes.net/ja

MyCryptoHeroesは、歴史上の偉人を集めて戦うNFTゲームです。

武器やアイテムを集めるために課金が必要になります。

無課金でも始められますが、稼ぎたいなら相応のアイテムを用意するために初期費用を投じるべきでしょう。

「ゲームにかけた時間もお金も情熱も、あなたの資産となる世界」がキャッチコピーなので、公式の熱意が伝わってきますね。

初期費用の目安は1万円程度ですが、3万円もあれば十分な装備が揃うはずです。

⑦Pagaxyの初期費用は50,000円ほど

pegaxy

https://pegaxy.io

Pegaxyは競馬をモチーフにしたNFTゲームです。

リアルの競馬とほぼ同じイメージですね。

馬に毛(羽)が生えたレースです。

自分が保有する馬が3位以内に入ると、報酬として仮想通貨「VIS」をもらえます。

Pagaxyを始めるためには自分の馬を用意する必要があり、そのための初期費用として5万円程度必要です。

NFTゲームの初期費用はいつ回収できる?どれくらい稼げるの?

NFTゲームの初期費用の回収には、3ヶ月~半年かかる場合が多いです。

ゲームによりますが、人気タイトルほど稼ぎやすく、ライバルも強いので、回収までの期間が長めになるでしょう。

ただし、NFTゲームには、一度収益化してしまえば安定して稼ぎ続けることが難しくないというメリットがあります。

初期費用を回収できない=無収入期間を乗り越えることができれば、本業+数万円の副収入が手に入るので、めげずに続けることを意識してください。

NFTゲームで稼ぐコツについては、NFTゲームは稼げないといわれる理由4つ|メリットや稼ぐコツも解説で解説しています。

ゆん
NFTゲームでどれくらい稼げるかについても、ゲームによりますね。

 

100万円近く稼げるゲームもあれば、数千円しか稼げないゲームもあります。

プレイヤーの投資額やゲームスキルも影響するため、はっきりとした額は出せませんが、どのNFTゲームにおいても正しい努力をすれば月数万円は稼げる可能性が高いです。

NFTゲームは「ゲーム」であるものの、お金を稼ぐための手段として確立されています。

つまり、本気でやっている人がいる環境に飛び込むことになるので、なめてかかると初期費用を吸われて終わるリスクが高いです。

NFTゲームの初期費用を安く抑える3つの方法

NFTゲームの初期費用を抑える方法は以下の3つです。

  1. NFTゲームの初期費用の抑え方①:仮想通貨の価格が低いときに始める
  2. NFTゲームの初期費用の抑え方②:短期で稼ごうとしない
  3. NFTゲームの初期費用の抑え方③:初期費用が安いNFTゲームだけをプレイする

1つずつ解説します。

NFTゲームの初期費用の抑え方①:仮想通貨の価格が低いときに始める

NFTゲームの初期費用を抑える方法の1つ目は、仮想通貨の価格が安いときに始めることです。

ゲームで使われている仮想通貨は、現実の仮想通貨の価格とリンクしています。

つまり、仮想通貨の価格が安いときに始めれば、それだけ初期費用を抑えることができるわけです。

NFTゲームの初期費用の抑え方②:短期で稼ごうとしない

NFTゲームは、短期間で稼ごうとしなければ初期費用を抑えられるケースがあります。

なぜなら、レアアイテムやキャラクターなどを揃えなくて済むから。

NFTゲームで初期費用が高額になる理由の1つは、アイテムやキャラクターを揃えるために必要だからです。

短期間で稼ぐなら、なおのこと強いキャラクターやアイテムが必須ですよね。

全てのゲームにおいていえることではありませんが、最初はゆるーく始めることで初期費用を抑えることができます。

NFTゲームの初期費用の抑え方③:初期費用が安いNFTゲームだけをプレイする

初期費用が安いNFTゲームだけを選んでプレイすれば、初期費用は確実に抑えられます。

「NFTゲームを始めたい…でもどんな感じかわからないし、損もしたくないから安く始めたい…」

上記のような方にこそ、初期費用が安いNFTゲームが向いています。

初期費用が安いNFTゲームは大きく稼ぎにくいものの、少額を確実に稼げるというメリットもあります。

最初は小さく始めてみて、慣れたら初期費用が高額だが稼げるNFTゲームに移行してもよいでしょう。

NFTゲームを始めるには仮想通貨口座の開設が必須

NFTゲームを始めるためには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

なぜなら、NFTゲームでは仮想通貨を「通貨」として利用するから。

仮想通貨を保管・管理するために口座が必要なので、お持ちでない方は作っておきましょう。

NFTゲームは海外の取引所を使うこともありますが、最初はコインチェックなど、国内大手の取引所がおすすめです。

ゆん
コインチェックは国内アプリダウンロード数3年連続No.1と、アプリの使いやすさに定評のある取引所ですよ。

 

口座開設は無料なのでご安心ください。

コインチェックでの口座開設法はコインチェックの登録・口座開設・入金・取引方法を初心者向けに解説でまとめています。

関連記事

コインチェックで口座を開設したいです。ビットコインやイーサリアムを購入したい… コインチェックの入金方法や、暗号資産(仮想通貨)の購入方法など、基本操作法が知りたい… イーサリアム(ETH)を購入しました!MetaMaskに送るには[…]

コインチェックの登録・口座開設・入金・取引方法を初心者向けに解説

NFTゲームの初期費用をタイトル別に解説:まとめ

NFTゲームの初期費用はゲームによって違います。

無料でプレイできるものもあれば、10万円以上といった高額な初期費用が必要なゲームもあります。

本気で稼ぎたい場合は、レアアイテムなどを入手するために高額な初期費用が必要になると思っておきましょう。

ゆん
いきなり高額な初期投資はリスクが高いので、初期費用が1000円程度のNFTゲームから始めることをおすすめします。

 

また、仮想通貨取引所に口座がないとゲームをプレイすることができません。

まずは口座を作ることから始めましょう。

ここまで読んだ方の99%は、ページを閉じて終わってしまいます。

それでは何も変わらないので、稼ぐために勇気を出して行動しましょう。

コインチェック
NFTゲームの初期費用は0~30万円!|7タイトルの調査結果と初期投資を安くする方法
最新情報をチェックしよう!