NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションの紹介をするサイトです。
NFTで売れるものを実例ありで解説【NFTアートの現実と将来性】

NFTで売れるものを実例ありで解説【NFTアートの現実と将来性】

NFTで売れるものを実例ありで解説【NFTアートの現実と将来性】

NFTで売れるものにはどんなものがあるの?
そもそもNFTってなに?どうやって稼ぐの?なんでブームになってるの?

このような悩みを解決します。

  1. NFTで売れるものを実例で紹介
  2. そもそもNFTとは何か
  3. NFTの始め方
  4. NFTの将来性や現実(稼げるのか)
ゆん
NFTブームの波に乗ってNFT投資&販売をしてみた管理人が解説します。

 

結論からいうと、NFTではあらゆるデジタルデータを売れます。

デジタルデータなら、なんでも売れるのがNFTです。

えっ!と思ったでしょうが、イラストはもちろん、映像や音声もNFTにできるんですよ。

だからこそ革新的技術としてNFTは注目されているわけですね。

本記事では、NFTで売れるものを実例とともに解説します。

ゆん
NFTの将来性や、今から始めても稼げるの?という、気になる部分にも触れていきますね。

 

そもそも【NFT】とは

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、「非代替性トークン」という意味です。

筆者もそうでしたが、おそらく意味が分からないと思うので、もっと簡単な表現にしますね。

NFTとは、「代わりがきかないデジタルデータ、唯一無二であるデジタルデータ」のことです。

これまでなら、デジタルデータは簡単にコピーや改ざんができていました。

ネット画像が無料で使い放題なのはいい例ですね。

ここにストップをかけたのがNFTという「本物」を認定する技術です。

NFTでデータに識別番号を付けられるので、データでも本物と偽物の区別ができるようになりました。

本物と偽物がわかるようになったということは、本物のデジタルデータに価値が発生するということです。

ただのイラストに何千万、何億円の価値が付いたのは、NFTによって本物の証明がされたからなのですよ。

ゆん
本物の「モナ・リザ」と偽物の「モナ・リザ」の区別をつけるのは専門家ですよね。NFTが専門家の役割を果たします。

 

ピンと来なかったら、「デジタルデータに識別番号をつけて、本物と偽物の区別をつける技術がNFT」と思ってください。

それでは、次章でNFTで売れるものを10個ご紹介します。

NFTで売れるものを10例紹介【NFTはなんでも売れる】

NFTで売れるものは、あらゆるデジタルデータです。

ここではすべてを挙げきれないので、10例だけピックアップしてご紹介しますね。

  1. NFTで売れるもの①:イラスト
  2. NFTで売れるもの②:音楽
  3. NFTで売れるもの③:動画
  4. NFTで売れるもの④:音声
  5. NFTで売れるもの⑤:写真
  6. NFTで売れるもの⑥:土地(メタバース)
  7. NFTで売れるもの⑦:ゲームアイテム(トレーディングカード)
  8. NFTで売れるもの⑧:ドメイン
  9. NFTで売れるもの⑨:ツイート
  10. NFTで売れるもの⑩:デジタルファッション
ゆん
実際のNFTを見たい方は、OpenSeaをご覧ください。

 

OpenSeaは、世界最大のNFTマーケットです。

あらゆるNFTが取引されているので、サラーっと確認してみるとイメージしやすいですよ。

NFTで売れるもの①:イラスト

日本で有名なのはおにぎりまんさんです。

OpenSeaでは「onigiriman’s cute girl Collection」をメインに展開されています。

ちなみに、世界最高額で売れたNFTアートは「クリプトパンクス」で、約27億円で落札されました。

はい、よくわからない金額ですね。

クリプトパンクスについては、少々特殊なので、【NFTドット絵の作り方】CryptoPunks(クリプトパンクス)の作成・販売方法を参考にしてください。

NFTで売れるもの②:音楽

NFT音楽も売れます。

わかりやすいのが、米国電気自動車大手「テスラ」CEOのイーロンマスク氏。

イーロンマスク氏はビットコインでもお騒がせしておりましたが、NFTミュージックにおいても何かやってくれそうです。

NFTで売れるもの③:動画

2021年5月22日、「Charlie Bit My Finger」という1本のミーム動画が販売されました。

驚くべきことに、なんと99万豪ドル(約8300万円)で落札されたのです。

動画の内容は、赤ちゃん兄弟がじゃれているだけの、1分程度のショートムービー。

もともとYouTubeで公開されており、再生回数が当時で8億回以上を誇る人気作品だったため、NFTにしただけで1億円弱の価値が付きました。

NFTで売れるもの④:音声

お笑い芸人たむけんさんのNFTネタ音声が、167万円で落札されました。

世界初のギャグ音声NFTだそうです。

NFTで売れるもの⑤:写真(自撮り)

インドネシアの学生「ゴザリ」くんが、5年分の自撮り写真をNFTにして販売したところ、1億円以上の利益になりました。

自撮り写真に1億円って、よくわかりませんよね。

ただ、価値を見出す人がそれほどいるという事実が重要なのです。

NFTで売れるもの⑥:土地(メタバース)

NFTゲームの1つである「Axie Infinity」では、ゲーム上(メタバース)の土地が約2.8億円で落札されました。

現実ではない土地なのに、これほどの価値がついています。

NFTで売れるもの⑦:ゲームアイテム(トレーディングカードなど)

セクシー女優の波多野さんがNFTカードを発売したところ、開始7分で3000枚が完売しました。

カードであっても、本物にはこれほどの価値が付くとは。

NFTの底が見えません。

NFTで売れるもの⑧:ドメイン

ドメインもNFTになっています。

特に3文字のNFTドメインが人気であり、すでに数千万円の価格がついているほどです。

実際の販売状況は、「アンストッパブル・ドメイン」という海外サイトで確認できますよ。

NFTで売れるもの⑨:ツイート

NFTならツイートも売れます。

Twitter社を創業したジャック・ドーシー氏の初ツイートが、約3億円で落札されています。

1ツイートで3億円…

NFTで売れるもの⑩:デジタルファッション

メタバース(仮想空間)上のファッションにおいても、NFTは注目されています。

すでにメタバースが出会いやコミュニケーションの場と化しているため、仮想空間においてもファッションは重要です。

Vogue Japan

今、話題を集めるNFTの波はファッション界をも席巻している。コレクション発表時の連動や、ゲームを絡めた異色のコラボなど、…

NFTで売れるものがわかったら販売を始めよう

NFTで売れるものがわかったら、実際に売ってみましょう。

実際にやってみることで、NFTを体感できます。

知識として知っているだけでは足りない部分がわかりますよ。

ゆん
NFTは以下の4ステップで始められます。

 

  1. ステップ1:暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム(ETH)を購入する
  2. ステップ2:イーサリアム(ETH)を入れる財布(ウォレット)を作成する
  3. ステップ3:デジタルアート作品にする元データを用意する
  4. ステップ4:専用サービスと連携し、元データをデジタルアートにして出品する

慣れている方なら10分程度でできますが、初見の方だと30分~40分はかかります。

やることが多いな…と感じたかもですが、「①イーサリアムの購入」ができれば難しくないですよ。

詳細は、デジタルアートの作り方・売り方|NFTアートを無料アプリで作成・販売する方法を参考にしてください。

関連記事

デジタルアート(NFTアート)の作り方が知りたい…超初心者でもできますか? デジタルアート(NFTアート)作品の作成方法は?稼ぐまでのロードマップも知りたいなぁ…! 初心者がわかるように、デジタルアート(NFTアート)の作り方~売り[…]

【NFTアート作品】の作り方・始め方を超初心者向けに解説

自分でNFTを作って、自分のNFTを販売する。

他者が作ったNFTを購入して保有する。

いずれの場合も、所有欲が満たされて楽しいです。

【NFTの現実】簡単に売れるわけではないが将来性はある【NFT転売の可能性】

NFTはデジタルデータなら何でも売れます。

何でも出品できますからね。

しかし、実際に「購入してもらえるか」は別の話です。

というのも、NFTを作って出品するまでなら誰でもできるのですが、作品が価値を見出されて「購入してもらえる」とは限らないためです。

世界最高落札額(約27億円)を記録した「クリプトパンクス」ですら、最初の数年間は無価値だと思われていましたからね。

ちなみに、NFTが売れない理由の1つは、「NFT利用者の少なさ」にあります。

日本は特に少ないのですが、世界に目を向けてもNFTに触れている人は全体の数%しかいません。

買い手が少ないため、「NFTを出品すれば売れる」わけではないことを頭に入れておいてください。

ゆん
とはいっても、売れるNFTの特徴がある程度はわかってきたんですよ。

 

具体的には、

  1. NFT作品に統一性がある(ジャンルが同じ)
  2. ストーリー性がある(1つ1つの作品が物語としてつながっている)
  3. 作品数に限りがある(1万点限定など)

上記がすべてそろっているNFTは、売れる傾向にあるようです。

マンガをイメージすればわかりやすいですね。

1巻を読んだ後に5巻を読んでもわからないので、2巻が欲しくなるのと同じ。

NFTを作って売るにしても転売するにしても、上記を満たしたNFTを扱えば稼げる可能性があります。

ゆん
ちなみに、初心者は作るよりも転売の方が始めやすいですよ!

 

NFT転売とは、これから値上がりしそうなNFT作品を見つけて購入(投資)しておき、値上がりした時点で売るという方法です。

値上がり前のNFTなら1000円程度で購入できるので、株やFXより小額で始められるというメリットがあります。

「NFTに触れてみたい…だけどお金はかけらない…」という方には、 NFT転売が向いています。

NFT転売の詳細は、【NFT転売】のやり方・始め方と注意点|NFT売買・投資は儲かる?でまとめているので参考にどうぞ。

関連記事

NFT転売で稼ぎたい!儲けたい!始め方は? NFT転売のやり方・始め方が知りたいです。どうやってNFT転売で稼ぐの? NFT転売は初心者でもできるの?NFT転売を始める前にリスクや注意点が知りたい このような悩みを解決します。 […]

【NFT転売】のやり方・始め方と注意点|NFT売買・投資は儲かる?

NFT作品の販売でよくある質問5つ【NFTのQ&A】

NFTでよくある質問をまとめたので、よろしければどうぞ。

1:NFTの初期費用は?

1万円程度です。

NFTの出品時に、手数料としてイーサリアムが1万円分ほどいります。

その後は求められないのでご安心ください。

2:NFTでは何を売ればいい?

NFTでは何でも売れますが、最初は自分が好きなものと作って売るのが良いかと。

ドット絵でもOKですし、オリジナル作品でもOKです。

作るのではなく転売するなら、

  1. NFT作品に統一性がある(ジャンルが同じ)
  2. ストーリー性がある(1つ1つの作品が物語としてつながっている)
  3. 作品数に限りがある(1万点限定など)

上記を満たしたコレクションを見つけて、数千円で購入するNFT投資してもよいですね。

数か月後、数年後に何百万円・何千万の価値になっているかもしれません。

3:NFTで稼ぐ方法は?

大きく3つあります。

  1. NFTを自分で作って販売する
  2. NFT転売
  3. NFTスカラーシップ

①は、自分で作品を作って販売する方法です。

元手が一番安いかと。

②は自分ではNFTを作らずに、他者が作ったNFTを購入して、値上がりした時点で売却する「NFT転売」です。

「NFT投資」ともいわれています。

元手が必要ですが、NFTは1000円程度で出品されている作品も多いので、見る目があればぼろもうけできます。

③は、「NFTゲーム」というやつです。

他者からNFTを借りてゲームし、成功報酬を山分けする方法ですね。

初心者向きではないのでおすすめはしません。

4:NFTの注意点は?リスクはないの?

NFTには詐欺作品があります。

偽物が出回っているので注意してください。

本物との見分け方やその他の注意点は、以下の記事でまとめています。

5:初心者でもNFTは始められる?稼げる?

NFTは誰でも始められます。

日本の小学生が自由研究でNFTを作ったところ、約380万円で落札された件なんて良い例でしょう。

また、NFTで使う仮想通貨は「イーサリアム」です。

イーサリアムはすでに時価総額第2位の規模であるものの、将来性が期待されている銘柄なので値上がりで儲かる余地もあります。

ぶっちゃけ、NFTは始めたもの勝ちなので、やるなら早い方がよいですよ。

ライバルが少ないですからね。

NFTで売れるもの:まとめ

最後に、本記事の内容をまとめます。

NFTで売れるもの

結論、NFTでは何でも売れます。

  1. NFTで売れるもの①:イラスト
  2. NFTで売れるもの②:音楽
  3. NFTで売れるもの③:動画
  4. NFTで売れるもの④:音声
  5. NFTで売れるもの⑤:写真
  6. NFTで売れるもの⑥:土地(メタバース)
  7. NFTで売れるもの⑦:ゲームアイテム(トレーディングカード)
  8. NFTで売れるもの⑧:ドメイン
  9. NFTで売れるもの⑨:ツイート
  10. NFTで売れるもの⑩:デジタルファッション

これらは一部の例であり、今後もNFTとして売れるものはどんどん増えていくでしょう。

NFTを販売する4ステップ

  1. ステップ1:暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム(ETH)を購入する
  2. ステップ2:イーサリアム(ETH)を入れる財布(ウォレット)を作成する
  3. ステップ3:デジタルアート作品にする元データを用意する
  4. ステップ4:専用サービスと連携し、元データをデジタルアートにして出品する

詳細は、デジタルアートの作り方・売り方|NFTアートを無料アプリで作成・販売する方法を参考にしてください。

関連記事

デジタルアート(NFTアート)の作り方が知りたい…超初心者でもできますか? デジタルアート(NFTアート)作品の作成方法は?稼ぐまでのロードマップも知りたいなぁ…! 初心者がわかるように、デジタルアート(NFTアート)の作り方~売り[…]

【NFTアート作品】の作り方・始め方を超初心者向けに解説

NFTは始まったばかりなので、「やるか、やらないか」だけです。

NFT転売なら手軽に始められる

NFTを作る必要がないので、NFT転売(NFT投資)から始めるのもアリです。

NFTマーケットを調査しているDappRadar社によると、NFT市場は急速な進化を遂げています。

  • 2020年:1億ドル
  • 2021年:220億ドル

NFTマーケットは今後も拡大することが確定しているので、始めるなら今ですね。

ゆん
僕はなんとなくはじめましたが、NFTを集めることが単純に面白いです。

 

最先端に触れつつ、投資も同時に行えますからね。

NFT転売の詳細は、【NFT転売】のやり方・始め方と注意点|NFT売買・投資は儲かる?でまとめているので参考にどうぞ。

関連記事

NFT転売で稼ぎたい!儲けたい!始め方は? NFT転売のやり方・始め方が知りたいです。どうやってNFT転売で稼ぐの? NFT転売は初心者でもできるの?NFT転売を始める前にリスクや注意点が知りたい このような悩みを解決します。 […]

【NFT転売】のやり方・始め方と注意点|NFT売買・投資は儲かる?

 

本記事が、あなたのお役に立てたことを祈っております。

今回は以上です。

コインチェック
NFTで売れるものを実例ありで解説【NFTアートの現実と将来性】
最新情報をチェックしよう!