NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションの紹介をするサイトです。
NFTはやめとけ?危険といわれる6つの理由|NFTで安全に稼ぐ方法

NFTはやめとけ?危険といわれる6つの理由|NFTを安全に使う方法

NFTはやめとけ?危険といわれる6つの理由|NFTで安全に稼ぐ方法

NFTはやめとけ」って検索に出てきました。やめておいた方がいいんですか?
NFTは危険なのでしょうか?どんなリスクがあるのか知りたいです…
NFTで安全に稼ぐ方法が知りたい!

このような悩みを解決します。

  1. 「NFTはやめとけ」と言われる理由
  2. 「NFTはやめとけ」なんて無視でいいワケ
  3. NFTを安全に活用する方法

NFTを始めたいのに「NFTはやめとけ」「NFTは危険」なんてワードを見ると不安になりますよね。

本記事では、「NFTはやめとけ」と言われる理由や、「NFTはやめとけ」という意見はスルーでいい根拠を解説します。

NFTの現状と安全に活用する方法をまとめたので、安心して始められますよ。

そもそも「NFT」とは

「NFTはやめとけ」と言われる理由を解説する前に、NFTの基本を確認しておきましょう。

ゆん
「思ってたのと違う…」なんてなると、時間がもったいないですからね。

 

NFT(Non Fungible Token)とは「代替不可能なデジタルデータ」のことです。

これまでは、jpgやpngといった「デジタルデータ」をいくらでも複製・改ざんできたので、オリジナルデータにさえ価値がありませんでした。

しかし、NFTならデジタルデータを識別できるため本物と偽物の区別がつき、デジタルデータに資産価値を持たせることができます。

デジタルデータに「唯一性」をもたせて「代替不可能」にしたものが「NFT」というわけです。

ゆん
NFTの特徴を以下のようにまとめてみました!

 

  1. データの改ざん・複製が困難
  2. 作成者や歴代所有者が記録され、改ざんが難しい
  3. 唯一無二の「本物のデジタルデータ」を所有できる
  4. イラストだけでなく、音楽や映像もNFTにできる
  5. NFT作品が転売されると、作者に売り上げの一部が還元される

データをNFT化させることを可能にしたのは、「ブロックチェーン(分散型台帳)」とよばれる次世代技術です。

ネットでつながったPCが連携して管理するため、改ざんや複製が困難であり、不正やエラーが起きても別の部分(PC)が補うので支障がないという特徴があります。

NFTの「代替不可能」は、ブロックチェーンのおかげで実現できたといってもよいでしょう。

ゆん
このへんでNFTの基礎はOKです。次章から本題に入りますね。

 

NFTはやめとけ?危険といわれる6つの理由

ここでは、「NFTはやめとけ」と言われる理由を解説します。

NFTアート作品は画期的ですが、危険と思われる問題点もあるので確認しておきましょう。

  1. NFTの詐欺作品がある
  2. NFTの価格と価値が曖昧
  3. 何かあったときの責任の所在が不明
  4. マネーロンダリングの温床になる
  5. 環境に負荷がかかる
  6. 新しい技術には批判が殺到するから

1つずつ見ていきましょう。

1.NFTの詐欺作品がある

NFTアートには詐欺作品が横行しています。

NFTの特徴の1つが「改ざんや複製が困難であること」ですが、元のデータが偽物では意味がありません。

NFTの詐欺作品が出回る手口で多いのは、以下の3パターンです。

  1. NFTにされていないデータを入手し、第三者が勝手にNFTにして販売する
  2. 偽のNFTマーケットで販売する
  3. 有名クリエイターを偽装して販売する

詐欺作品を購入しないようにするには、正規のNFTマーケットから購入したり、直接クリエイターに問い合わせて本人確認したりする必要があります。

2.NFTアート作品の価格と価値が曖昧

NFTアート作品の価格は、売り手と買い手の行動によって決定します。

オークションのように仲介人がいるわけでも、適性価格が決められているわけでもないので、価格と価値が釣り合わないことがあるのです。

中には不正に吊り上げられたNFT作品もあるので、購入者は慎重に見極める必要があります。

ゆん
そこら辺の石を隕石と偽って販売したら詐欺ですもんね。

3.何かあったときの責任の所在が不明

NFT作品には、取引できるマーケットこそあるものの、取引後に関しては関知しません。

つまり、取引後に何かあったとしても、責任がどこにあるのかわからないのです。

例えば、下記のような関係があったとします。

  • Aさん→NFTアート作品の作成者
  • Bさん→Aさんの作品を転売しようとしている
  • Cさん→Bさんから購入しようとしている

「Cさん」が購入しましたが、購入後に違法性があったことに気づき「詐欺だ!」といっても、作成した「Aさん」が悪いのか、購入した「Cさん」が悪いのか、転売しようとしている「Bさん」が悪いのか不明ということです。

自分が気づかぬうちに違法取引に加担してしまうリスクがあるので、「NFTはやめとけ」と言われています。

4.マネーロンダリングの温床になる

NFT市場には、世界中の法律や規制が追い付いていません。

そのため、マネーロンダリングの温床になるリスクが指摘されています。

日本語で「資金洗浄」の意味。犯罪によって得たお金を、出所や所有者が分からないようにして検挙されないようにする違法行為のこと。

とはいっても、NFTはブロックチェーン技術によって取引記録が残されます。

簡単には資金洗浄できませんが、運営者が不明なマーケットは使わない方がよいでしょう。

5.環境に負荷がかかる

NFTは、暗号資産(仮想通貨)の1つであるイーサリアム(ETH)のプラットフォームで構築されることが多いです。

イーサリアムは「PoW」によって動くので莫大な電力が消費され、環境への負荷が懸念されています。

プルーフオブワークのこと。データの正しさを証明するための仕組み。

PoWには「マイニング」と呼ばれる計算作業が必要なのですが、マイニングするには膨大な量のPCと電力を消費するので、環境への負荷が懸念されています。

NFTは間接的に環境へのダメージが懸念されているということです。

6.新しい技術には批判が殺到するから

いつの時代においても、新しい技術やモノには批判が集まるものです。

今では誰もが持っている「スマホ」ですら、「電話とインターネット機能がそろっただけで何の意味が?(笑)」とされていました。

結果はご存じの通り、スマホは生活の一部ともいえる存在になっていますよね。

また、「NFTはやめとけ」という人の中には、NFTがよくわかっていないのに批判する人すら見受けられます。

自分が知らない、わからないから批判しているということです。

NFT暗号資産(仮想通貨)などをよくわからないものとして拒否するのではなく、自分の目で見て考えることが重要ではないでしょうか。

ゆん
NFTも暗号資産も、急速な拡大が見込まれているので、今のうちから正しい知識を身につけておくことが大事ですね。

 

「NFTはやめとけ」なんて無視でいい!根拠を3つ解説

前章では「NFTはやめとけ」と言われている理由を解説しました。

ですが、ぶっちゃけ「NFTはやめとけ」という意見は無視でいいので、なぜスルーしていいのか解説していきます。

  1. NFTは次世代技術だから
  2. NFT関連の法整備が進んでいるから
  3. 世界中の大企業や著名人が参加しているから

1つずつ解説します。

1.NFTは次世代技術だから

NFTイーサリアムのプラットフォーム(ブロックチェーン)を活用します。

ブロックチェーンはメタバースと並んで次世代技術の1つとして期待されており、開発や応用はこれからの代物です。

つまり、世界中の大企業や天才たちがこぞって競い合っている段階なので、我々一般市民が理解できるレベルになるまでは時間がかかるというわけですね。

これからの技術に対して、ネットでかじった程度の知識しか持たない人が「NFTはやめとけ!NFTは危険だ!」と騒いだところで信用できるでしょうか?

専門家でもない人がろくに調べもせず、「NFTは危険なんだ!」と思い込んで騒いでいるだけなのに、誰が信じるでしょうか?

よくわからないまま「NFTはやめとけ」なんてのたまっている意見は無視でいいのです。

2.NFT関連の法整備が進んでいるから

2022年3月現在、NFT関連のガイドライン作りに複数の団体が乗り出しています。

このように、大規模組織を筆頭にNFT関連のルール作りは着々と進んでいます。

暗号資産(仮想通貨)のように法整備も始まると予想されるので、「NFTはやめとけ」という考えはなくなっていくでしょう。

3.世界中の大企業や著名人が参加しているから

NFTビジネスには、世界を代表する企業や著名人がすでに参画しています。

ナイキはNFTブランドの「RTFKT」を買収してNFTビジネスの足掛かりにしようとしています。

日本人アーティストの村上隆氏は、108点のNFT作品をリリースしました(今は取り下げ中)。

クレジットカード大手のVISAは、「CryptoPunk」というNFTアートの1つを約1700万円で購入しています。

このように、世界中の大企業や著名人がNFTに投資しているのは、NFT市場の将来が明るいからです。

ゆん
NFTは大きな利益をもたらすと確信しているから、投資しているというわけですね。

 

ちなみに、NFTアートは日本でも受け入れられています。

イラストや映像だけでなく、音声もNFTとして使われています。

NFTには、世界的な大企業や著名人を熱中させる魅力があります。

そして、実際に大金を注ぎ込んでNFTビジネスを始めている彼らは「NFTはやめとけ」なんて一言も言っていません。

むしろ次世代技術として歓迎しています。

「NFTはやめとけ」という意見ではなく、大企業や著名人が参入しているという事実の方が重要ではないでしょうか。

NFTはやめとけ?NFTを安全に活用する3つの方法

NFTは今後も注目される分野ですが、詐欺が横行しているのも事実です。

そこで本章では、NFTを安全に活用(売買)する方法をご紹介します。

  1. 価格につられない
  2. 大手のNFTマーケットを利用する
  3. 信用できる出品者から購入する

1.価格につられない

NFT作品は、出品者と購入希望者によって価格が決まります。

つまり、価格と価値が釣り合うとは限らないのです。

本当は100円の価値しかないのに、詐欺まがいの行為をして1000万円で売ろうとする出品者もいます。

大幅な割り引きなどがされていて「お得感」を出されていても、釣られて購入しないようにしましょう。

  • 作成者の情報
  • 関連作品の価格

上記2点を抑えておけば、不当な価格で購入するリスクは減らせます。

2.大手のNFTマーケットを利用する

NFT取引をするなら、信頼と実績がある大手のNFTマーケットを利用しましょう。

大手ならば詐欺作品をある程度は排除してくれるだけでなく、サポートも充実しています。

有名なNFTマーケットは「OpenSea」です。

OpenSeaは海外で最大規模を誇るNFTマーケットであり、取引実績が豊富にあります。

ただし、海外のNFTマーケットを使う前の注意点を押さえておくべきです。

  • 詐欺作品が紛れ込んでいる
  • OpenSeaの偽サイトが複数確認されている
  • 詐欺DMが届く可能性がある
  • 登録から取引まですべて英語

英語に不安がある方は国内のNFTマーケットがおすすめです。

国内のNFTマーケットを使えば、騙されたり大損したりするリスクを回避できます。

国内のNFTマーケットでおすすめは、CoincheckNFT(β)です。

国内最大級の暗号資産(仮想通貨)アプリを運営しているコインチェック社が提供しているので、困ったときのサポート面も充実しています。

Coincheck NFT(β)の利用には、Coincheckの無料口座開設が必須です。

10分でできるので、サクッと済ませておきましょう。

>>>コインチェック公式サイト

コインチェック

ゆん
規模はOpenSeaの方が上ですが、安心と安全性を求めるならCoincheck NFT(β)一択ですよ!

 

3.信用できる出品者から購入する

NFTの取引は、信用できる人とだけ行いましょう。

偽物をマーケットから排除することは難しいので、出品者とやり取りをして「本物」かどうか、念入りにチェックすべきです。

注意点は以下の3つ。

  1. Twitterなどで本人確認をする
  2. 作成者の実績を確認する
  3. 営業DMは無視

NFT作品の購入前に、Twitterなどで本人確認をしましょう。

ツイート内容や普段していること、どんな作品があるのかなどがわかればOKです。

また、英語で「購入しませんか?」と届くDMは高確率で詐欺なので無視してください。

NFT作品はNFTマーケットでの取引が普通ですし、作成者自ら営業をするなんて聞いたことがありません。

あるとしたら売りたくし仕方ない「詐欺師」でしょう。

NFT作品の購入前に、「誰が」作成したのかという確認を念入りにすべきです。

NFTはやめとけ?危険といわれる6つの理由:まとめ

「NFTはやめとけ」という意見を鵜呑みにするのは、非常にもったいないです。

NFTは今後も様々な分野で発展していく見込みであり、世界中の大企業や著名人がNFTを始めているという事実が何よりの証拠といえます。

ただ、NFT作品を利用した詐欺が横行しているのも事実です。

信頼性の高いNFTマーケットを利用したり、購入前に作成者を調べたりして、安心安全な取引をしましょう。

「暗号資産の次」といわれているNFTに早い段階で触れておけば、大きな投資チャンスをつかめるかもしれませんね。

ゆん
NFTの取引にはイーサリアムが必要です。

 

イーサリアムは、コインチェックで口座開設(無料)すれば購入できます。

10分でできるので、コインチェックの登録・口座開設・入金・取引方法を初心者向けに解説を参考にサクッと作ってしまいましょう。

また、NFTは自分で作って販売することもできます。

販売する際にもイーサリアムは必要なので、この機会にコインチェック口座を開設(無料)してはいかがでしょうか?

コインチェック

ゆん
NFTアートを書いてみたい方は以下の記事を参考にしてください!

 

関連記事

NFTアートを作れるアプリが知りたい!初心者でも書けるやつ! ドット絵のクリプトアートが作れるアプリはある?無料のやつがいいです… このような悩みを解決します。 NFTアートを作れる無料アプリ CryptoPun[…]

NFTアートを作るおすすめアプリ4選【CryptoPunks風ドット絵の作り方】

>>>NFTアートを作るおすすめアプリ4選【CryptoPunks風ドット絵の作り方】

「自分で作るのはちょっと…でもNFTで稼ぎたい!」という方は、NFT転売がおすすめです。

小額の初期投資(1万円~3万円程度)があれば始められるので、楽に稼ぎたい方はどうぞ。

関連記事

NFT転売で稼ぎたい!儲けたい!始め方は? NFT転売のやり方・始め方が知りたいです。どうやってNFT転売で稼ぐの? NFT転売は初心者でもできるの?NFT転売を始める前にリスクや注意点が知りたい このような悩みを解決します。 […]

【NFT転売】のやり方・始め方と注意点|NFT売買・投資は儲かる?

今回は以上です。

コインチェック
NFTはやめとけ?危険といわれる6つの理由|NFTで安全に稼ぐ方法
最新情報をチェックしよう!