NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションなどのキュレーションサイトです。
イーサリアム(ETH)とは?NFTとの関係や将来性を解説

イーサリアム(ETH)とは?NFTとの関係や将来性を解説

イーサリアム(ETH)とは?NFTとの関係や将来性を解説

イーサリアム(ETH)ってなに?何ができるの?すごいの?
イーサリアム(ETH)とNFT・メタバースの関係ってどうなの?買っとけば稼げる?
イーサリアム(ETH)の将来性が知りたい!

このような悩みを解決します。

  1. イーサリアム(ETH)とは
  2. イーサリアム(ETH)の特徴とできること
  3. イーサリアム(ETH)とNFTの関係
  4. イーサリアム(ETH)に将来性はあるのか

イーサリアム(ETH)とは暗号資産(仮想通貨)の1つで、ビットコイン(BTC)に次ぐ時価総額を誇るプラットフォームです。

将来性がある通貨として、注目を浴び続けています。

ゆん
とはいっても、「イーサリアムってなに?なにができるの?稼げるの?」という方も多いですよね。

 

そこで今回は、イーサリアム(ETH)の基本から将来性まで知りたい方を対象に執筆しました。

イーサリアム(ETH)とNFTの関係性・将来性についても解説していきます。

イーサリアム(ETH)ってなに?初心者向けに解説

ここでは、イーサリアム(ETH)って何?という疑問を解決します。

イーサリアム(ETH)とは、スマートコントラクト機能を備えた分散型プラットフォームのことです。

ビットコイン(BTC)とは全く違います。

「???」って感じだと思うので、誰でもわかるように言い換えますね。

イーサリアム(ETH)とは、アプリを作るためのプラットフォームのことです。

それもただのプラットフォームではありません。

イーサリアム(ETH)が使われた取引や契約は改ざんが困難という特徴があります。

分散型プラットフォームとして次世代技術である「DeFi(Decentralized Finance)」の開発にもイーサリアム(ETH)が使われおり、今後の成長が大きく期待できます。

ゆん
DeFiとは、「分散金融」と訳されます。国際送金をより便利にする技術ですね。

 

専門用語が多くてわかりにくいかもしれませんが、

  1. イーサリアム(ETH)はビットコインとは違う
  2. イーサリアム(ETH)はプラットフォーム
  3. イーサリアム(ETH)を使えば改ざんが困難になり、契約や取引がスムーズになる

上記の3点を理解できれば、「イーサリアム(ETH)とは?」から脱出できます。

次章以降から、もっと詳しくイーサリアム(ETH)の特徴を解説しますね。

おまけ:イーサリアム(ETH)のガス代とは?

イーサリアムを利用するために必要な手数料のことをGAS代(ガス代)といいます。

NFTアート作品の出品時にも必要です。

GAS代は変動するので、使用前にチェックすることをおすすめします。

NFTアート作品の作り方や始め方、NFTは稼げるの?という疑問をお持ちでしたら、【NFTアート作品】の作り方・売り方を超初心者向けに解説をご覧ください。

ゆん
次章では、イーサリアム(ETH)の特徴を2つ解説しますね。

 

イーサリアム(ETH)の特徴は2つ【イーサリアムにできること】

イーサリアム(ETH)の特徴は、大きく2つあります。

  1. スマートコントラクト
  2. dApps

1つずつ、サクッと解説しますね。

1.スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、事前に決められた設定によって自動処理される契約履行システムのことです。

暗号資産(仮想通貨)の基本であるブロックチェーン上に記録された取引や契約などの管理を自動化し、業務をスムーズにする効果が見込めます。

自動販売機がわかりやすい例です。

一定の金額が投入されないと取引(購入)できませんが、入金が確認できれば速やかに購入できます。

また、イーサリアム(ETH)はスマートコントラクトをブロックチェーン上で管理するので、改ざんがほぼ不可能になることも特徴の1つです。

ブロックチェーンとは、取引履歴を1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術のことです。世界中のPCがつながります。

誰かが改ざんしようとしても、ブロックチェーンでつながった他のPC が拒否すれば改ざんされないということですね。

イーサリアム(ETH)の「改ざんが困難」という特徴があれば、契約や取引で不正のリスクが小さくなります。

この特徴を活かして、イーサリアム(ETH)を用いた「DeFi」と呼ばれる分散型金融システムのプロジェクトが進行しています。

2.DApps(ダップス)

DApps(Decentralized Applications)とは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用して開発される次世代型アプリのことです。

日本語にすると、分散型アプリと訳されます。

DAppsが通常のアプリと異なる点は、以下の3つです。

ゆん
DMM Bitcoinさんがわかりやすくまとめていたのでご紹介しますね。

features dapps

DAppsと通常アプリの違いは、下記3つです。

  1. 耐久性
  2. 透明性
  3. 検閲体制

DAppsの特徴「①耐久性」は、常に稼働できることです。

スマートコントラクトを導入しているので、ブロックチェーン上で取引履歴やデータを残しつつ、分散処理することで稼働し続けることができます。

DAppsの特徴「②透明性」は、データの正当性が保証されていることです。

誰でもコードを見れること、ブロックチェーン上に履歴が残ることで正当性が保証されます。

DAppsの特徴「③検閲耐性」は、管理者がいないということです。

通常アプリのような「管理人」がいないので、誰でもコードを見れて開発状況を検閲できます。

ゆん
このように、次世代技術の根幹にイーサリアム(ETH)は使われています。

 

イーサリアム(ETH)とNFTの関係・将来性

イーサリアム(ETH)は、NFT分野においても注目されており、将来性をかなり見込まれています。

NFT(Non-Fungible Token)とは「代替不可能なトークン」という意味で、デジタルデータに「唯一性」を持たせることに成功しました。

ゆん
「?」という感じだと思うので、例を出しますね。

 

リアルでいうと、「モナ・リザ」や「ひまわり」といった絵画は、超一品の作品として価値が保証されています。

価値が保証されているのは本物だけであり、偽物は無価値であることはご存じの通りです。

それでは、デジタルデータ(画像や音楽、映像)においてはどうでしょう?

ネットに出回っただけでいくらでも複製できてしまうので「唯一性」がありませんでした。

そんなデジタルデータに「唯一性」を持たせた技術が「NFT」です。

デジタルデータをNFTとしてイーサリアム上で出品すれば、取引履歴がブロックチェーンに保存されるためです。

つまり、イーサリアム上で取引すれば、これまで無価値と思われていたデジタルデータに「唯一性」を持たせることになり、取引履歴から「本物」であることの証明ができます。

複製しても「本物」かどうかをイーサリアムならば見極められるので、NFT分野でも活躍しているわけです。

ゆん
リアルでいう「ひまわり」や「モナ・リザ」をデジタルデータで作ろうとして、世界中でトレンドになっているんですよ。

 

モナ・リザ級の価値があると思われれば、数十億円も稼げますからね。

直近では、75億円で落札されたNFTアート作品が出たようですよ。

イラストや音楽、映像を作れる人にとって、NFTは金脈そのものですね。

ゆん
NFTは手書きデータをもとに作成することもできるので、イラストが得意な方は大きく稼ぐチャンスかもしれませんよ!

 

2022年2月27日時点でNFTを始めている人は全体の数%と非常に少ないので、先行者優位があります。

NFTアート作品の作り方や始め方は、【NFTアート作品】の作り方・売り方を超初心者向けに解説でまとめているので、興味がある方は参考にしてください。

筆者もやってみましたが、ぶっちゃけ素人でも始められます。

イーサリアム(ETH)は稼げる?今後はどうなる?

イーサリアム(ETH)がすごいことはわかった。ところで稼げるの?」

多くの方は、このように思っていると思います。

結論からいうと、イーサリアム(ETH)は将来性が大きく見込まれているという意味で、稼げる可能性が高いでしょう。

暗号資産(仮想通貨)が投資であることはご存じの通りですが、投資である以上「100%稼げる」なんていえません。

必ず稼げるなんていうのは詐欺師だけです。

「投資は自己責任」なので断定はできませんが、スマートコントラクトとDAppsなどへの活用を考える限り、イーサリアム(ETH)に将来性はあるといえるでしょう。

また、イーサリアム(ETH)の可能性を象徴する組織として、「イーサリアム企業連合(EEA)」が2017年2月に誕生しています。

参加企業は以下の通りでして、世界中の名だたる企業が参加していますね。

EEA

出典:イーサリアム企業連合(EEA)

日本からは、日本を代表する大企業が参加しています。

  • TOYOTA(Research institute)
  • NTT Data
  • MUFGグループ
  • KDDI

イーサリアム企業連合(EEA)」が発足しており、世界中の大企業が参加していることからも、イーサリアム(ETH)への期待値の高さが伺えますね。

イーサリアム(ETH)とは?NFTとの関係や将来性:まとめ

イーサリアム(ETH)を初心者向けにご紹介しました。

スマートコントラクトやDAppsなどの専門用語も解説しましたが、よくわからなければそれで大丈夫です。

イーサリアム(ETH)には将来性があり、次世代技術の1つとして期待されていることを押さえておきましょう。

また、流行の「NFTアート作品」にもイーサリアム(ETH)は活用されています。

活躍の場がどんどん広がっているので、引き続きイーサリアム(ETH)には注目したいですね。

イーサリアム(ETH)の購入は、コインチェックでできます。

コインチェック

詳細は、コインチェックの登録・口座開設・入金・取引方法を初心者向けに解説でまとめたので参考にしてください。

また、NFTアート作品に興味がある方は、【NFTアート作品】の作り方・売り方を超初心者向けに解説をどうぞ。

NFTアート作品の始め方から仕組み、稼ぐ手順までを解説しています。

今回は以上です。
コインチェック
イーサリアム(ETH)とは?NFTとの関係や将来性を解説
最新情報をチェックしよう!