NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションの紹介をするサイトです。
MetaMask(メタマスク)の始め方|イーサリアム(ETH)の送金方法を解説

MetaMask(メタマスク)の登録とイーサリアム(ETH)の送金方法を解説

MetaMask(メタマスク)の始め方|イーサリアム(ETH)の送金方法を解説

NFTアートの売買をするためにMetaMaskの設定方法が知りたい
MetaMaskイーサリアム(ETH)を送金する方法は?

このような悩みを解決します。

  1. MetaMaskとは何か
  2. MetaMaskの導入方法
  3. MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金する方法

NFTアートの売買にはイーサリアム(ETH)が必須です。

そして、イーサリアム(ETH)を入れておくウォレットがMetaMask(メタマスク)です。

本記事では、これからNFTアートの取引がしたい方に向けて、MetaMaskの導入方法やイーサリアム(ETH)の送金方法を解説します。

ゆん
早い方は3分でできますよ!

 

MetaMask(メタマスク)とは?

metamask4

MetaMask(メタマスク)とは、暗号資産(仮想通貨)のウォレットです。

NFTアートの売買にはイーサリアム(ETH)が必須ですが、イーサリアム(ETH)を入れておくための財布だと思ってください。

Googleの拡張機能として用意されているので、セットアップは3分でできます。

MetaMaskには、スマホなどにアプリをインストールして利用する「アプリ版」もありますが、本記事ではGoogleクロームにインストールする「WEB版」で解説していきますね。

ゆん
それでは早速、MetaMaskを導入していきましょう!

 

MetaMask(メタマスク)を導入する3ステップ

MetaMask(メタマスク)は、Googleクロームの拡張機能が用意されています。

3分もあれば、ダウンロード&セットアップできるはずです。

MetaMask(メタマスク)は財布なので、管理は厳重にしましょう。

具体的なMetaMask(メタマスク)の導入手順は以下の3ステップです。

  1. MetaMask(メタマスク)をGoogleクロームに追加する
  2. MetaMask(メタマスク)を起動する
  3. MetaMask(メタマスク)のアカウント登録する

以下で、それぞれサクッと解説しますね。

MetaMaskの導入手順1:GoogleクロームにMetaMaskを追加する

まずは、公式サイトからMetaMask(メタマスク)をダウンロードしましょう。

偽サイトがあるため、上記リンクからMetaMask(メタマスク)をダウンロードしてください。

以下の画面に飛んだら、右上の「ダウンロード」をクリック。

ゆん
Google翻訳を使って日本語設定にしておくとわかりやすいですよ。

 

metamask1

 

MetaMaskのダウンロードができたら、Googleクロームの拡張機能に、MetaMask(メタマスク)を追加します。

下記画像の中央にある、「Chrome用のMetaMaskをインストールします」をクリック。

metamask2

クリックすると下記画面になります。

次に、右上の「Chromeに追加」をクリックしましょう。

metamask3

「拡張機能を追加」というボタンがでたらクリックしてください。

これで、MetaMaskをGoogleクロームにインストール完了できました。

下記画像のように、「MetaMaskにようこそ」が表示されればうまくできています。

metamask4

ゆん
次章からは、MetaMaskを起動してセットアップしていきますね。

 

MetaMaskの導入手順2:MetaMaskを起動する

MetaMask(メタマスク)をGoogleクロームにインストールできたら、起動していきます。

Googleクローム右上の「パズル」のようなボタンをクリックしてください。

下記の画像と同じボタンです。

metamask4-2

「MetaMask」をクリックすると、下記の画像と同じ画面が表示されます。

metamask4

画面中央の「開始」をポチっとしてください。

下記の画像と同じ画面になったら、右側の「ウォレットの作成」をクリック。

metamask5

下記の画面が表示されます。

サラーっと読んで、「同意します」をクリック。

metamask6

ここまでで、MetaMask(メタマスク)起動までは完了です。

お疲れ様でした!

ゆん
次でMetaMaskの導入は終わりですよ!

 

MetaMaskの導入手順3:MetaMaskのアカウントを登録する

それでは、MetaMask(メタマスク)のアカウント登録をしていきます。

前章までうまくできていれば、下記の画像と同じ画面になっているはずです。

「複雑な」パスワードを設定しましょう。

metamask7

以下の3つを守ると、複雑なパスワードになります。

  1. 12文字以上にする
  2. 意味がある単語は入れない
  3. 小文字・大文字・数字をランダムに入れる
ゆん
パスワードの使いまわしは絶対にダメです。根こそぎ盗まれます。

 

パスワードを作成したら、紙などのハッキングされないものに記録しておきましょう。

パスワードの「作成」をクリックすると、下記の画面に移行します。

metamask8

英語の動画が流れます。

「次へ」をクリック。

metamask9

すると、「シークレットリカバリーフレーズ」という上記の画面になります。

ゆん
「シークレットリカバリーフレーズ」とは、MetaMaskアカウントを復元する際に使用する「12のフレーズ」のことです。

 

MetaMaskのパスワードがわからない!ログインできない!となったときの保険ですね。

リカバリーフレーズは厳重に管理して、絶対に他人へ渡さないでください。アカウントを乗っ取られてすべて盗まれます。

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」の部分をクリックすると、モザイクが消えるので、「シークレットリカバリーフレーズ」を紙(推奨)かスマホに書き写してください。

できたら、「次へ」をクリック。

metamask10

先ほどメモを取った「シークレットリカバリーフレーズ」を12個確認します。

正しい順番に並べましょう。

metamask11

上記の画面になったら、MetaMaskのアカウント登録ができました。

「すべて完了」をクリックして終わりです。

お疲れ様でした!

番外編:MetaMaskにイーサリアム(ETH)を入金する方法

前章までで、MetaMaskの導入&セットアップはできています。

ここでは、NFTアートの取引に必須なイーサリアム(ETH)をMetaMaskに送金する方法をご紹介します。

ゆん
あとからでもイーサリアム(ETH)の送金はできるので、読み飛ばしOKですよ!

 

今回は、コインチェックで送金する方法をご紹介します。

MetaMaskのアカウント登録できたら、以下の画面になっていると思います。

閉じてしまった方は、Googleクローム右上「パズルボタン」をクリックしてMetaMaskを起動してください。

metamask12

それでは、コインチェックから送金していきます。

コインチェックのアプリまたはサイトにアクセスしてください。

コインチェックでの口座開設がまだの方は、コインチェックの登録・口座開設・入金・取引方法を初心者向けに解説を参考にどうぞ。

イーサリアム(ETH)はNFTの売買に必須なので、この機会に入手することをおすすめします。

ゆん
筆者は、「スマホのコインチェックアプリ」から送金するパターンで解説しますね。

 

トップ画面から、「イーサリアム(ETH)」をクリック。

すると、下記のようになります。

metamask14

上記画面中央の、「送金」タップすると、下記画面のように「イーサリアムの送金」画面になります。

metamask13

「宛先」に、MetaMaskのアドレスを入力します。

MetaMaskのアドレスは、下記画像の黒く塗りつぶされている部分です。

「Account1」の下ですね。

metamask12

MetaMaskのアドレスを宛先に入力できたら、「次へ」をタップすれば送金できます。(*アプリのバージョンによって実際の表示画面と異なる可能性がありますが、ご了承ください。)

また、送金には送金手数料がかかります(イーサリアムなら0.005ETH)が、必要経費です。

コインチェックアプリは使いやすいので、指示に従うだけで簡単に送金できますよ。

ゆん
MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金できたら、NFTアートの売買ができます!お疲れ様でした!

 

MetaMask(メタマスク)の始め方を初心者向けに解説:まとめ

MetaMaskの導入方法を解説しました。

サクッとセッティングして、NFTの作成や販売、購入をお楽しみください。

また、NFTアートの売買にはイーサリアム(ETH)が必須です。

まだイーサリアム(ETH)を購入していない方は、コインチェック取引所の口座開設から始めましょう。

>>>コインチェック公式サイト

コインチェック

また、NFTアートの始め方(売り方・買い方・作り方)のすべてが知りたい方は、【NFTアート作品・デジタルアート】の作り方・売り方を初心者向けに解説をどうぞ。

NFTは暗号資産(仮想通貨)の次に来ると言われているので、早い段階から始めておけば稼げるかもしれませんね。

今回は以上です。

コインチェック
MetaMask(メタマスク)の始め方|イーサリアム(ETH)の送金方法を解説
最新情報をチェックしよう!