NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションなどのキュレーションサイトです。
Cryptopunks

【NFTドット絵の作り方】CryptoPunks(クリプトパンクス)の作成・販売方法

Cryptopunks

出典:クリプトパンクス公式

クリプトパンクスみたいなドット絵のNFTアートを作りたいなぁ。どうやって始めるの?
ドット絵のNFTアートを書きたいです。作り方を教えて!

このような悩みを解決します。

  1. CryptoPunks(クリプトパンクス)とは
  2. CryptoPunksのようなドット絵NFTアートの作り方と売り方
  3. NFTアートの始め方

CryptoPunks(クリプトパンクス)とは、ドット絵のNFTアート作品シリーズのことです。

2021年8月23日、クレジットカード大手のVISAが15万ドル(約1650万円)でクリプトパンクの1つを購入し、大きな話題になりました。

本記事では、CryptoPunks(クリプトパンクス)のようなドット絵NFTアート作品の作り方や売り方を、初心者向けにご紹介します。

NFTアートを作るには、イーサリアムが必須です。

持っていない方は、先にコインチェックで購入しておきましょう。

コインチェック

【NFTドット絵】CryptoPunks(クリプトパンクス)とは?

Cryptopunks

出典:クリプトパンクス公式

CryptoPunks(クリプトパンクス)とは、1万のデジタルキャラクター画像から構成されるNFT・デジタルアートシリーズのことです。

24✕24ピクセルで1作品が作られており、すべての作品の所有権がイーサリアムブロックチェーンに記録された「NFT」になっています。

NFTとは「Non Fungible Token」の略であり、「代替不可能なトークン」のこと。改ざんや複製が困難なデジタルデータを意味します。

ゆん
CryptoPunksは、NFTアート作品シリーズということですね。

 

サービス開始は2017年であり、Matt Hall氏とJohn Watkinson氏が設立した「Larva Labs」によって管理・運営されています。

リリース当初は無料で配布されていましたが、NFTに注目が集まってからは平均価格が約20万ドル以上(約2150万円)と高額です。

【NFTドット絵】CryptoPunks(クリプトパンクス)が高額になっている3つの理由

Cryptopunks

出典:クリプトパンクス公式

CryptoPunksは1万個で構成されているNFTアートシリーズですが、1個当たりの平均価格は2150万円を超えており、最高額は27億円(2022年3月時点)です。

CryptoPunksがこれほど高額になっている理由は3つ考えられます。

  1. 希少性
  2. 歴史
  3. トレンド

CryptoPunksが高騰している理由の1つ目は、希少性です。

世界中で10000点しかない「デジタルアート」であり、同じ作品など1つもない「1点物」なので、価値を見出されています。

フェラーリやランボルギーニが、特別仕様車を世界で数十台しか販売しないことと同じですね。

CryptoPunksが高騰している理由の2つ目は、歴史の古さです。

CryptoPunksは2017年から始まっており、NFTアート・デジタルアート作品としては最古の歴史を持ちます。

NFTアートといえばCryptoPunks」といわれるようになったこともあり、CryptoPunksの価値は急上昇しました。

CryptoPunksが高騰している理由の3つ目は、トレンドだからです。

CryptoPunksに限らず、2021年9月ごろから世界中で「NFTアート」がトレンドになっています。

2021年8月、クレジットカード大手のVISAが約1650万円でCryptoPunksの1つを購入したことがきっかけです。

これを機に、世界中の投資家や大企業・資産家たちが「暗号資産の次はNFT」という認識をしています。

NFTアートというトレンドに乗り遅れないために、最古のNFTであるCryptoPunksをほしがっているわけです。

【NFTドット絵】CryptoPunks風ドット絵のNFTアートを作るために用意するもの

CryptoPunks(クリプトパンクス)風のドット絵NFTアートを作るには、下記の2つが必要です。

NFTアートにするために必須なので、事前に準備しておきましょう。

  1. 暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム(ETH)
  2. イーサリアム(ETH)を入れるMetaMask(メタマスク)

暗号資産イーサリアム(ETH)は、ドット絵をNFTにする際に必要です。

1万円あれば十分なので、先に用意しておきましょう。

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム(ETH)を入れておくウォレット(財布)のことです。

MetaMaskがないとNFTアート作品を作れないし、売ることも買うこともできません。

以下で、イーサリアム(ETH)の入手法とMetaMaskの導入をそれぞれ解説していきます。

ゆん
イーサリアム(ETH)は10分ほど、MetaMaskは3分ほどあれば準備できますよ!

 

1:イーサリアム(ETH)を購入する

まずは、暗号資産(仮想通貨)取引所に口座を作り、イーサリアム(ETH)を購入します。

イーサリアム(ETH)は、NFTアートの作成や売買に必須なので、ここで用意しておくと便利です。

暗号資産(仮想通貨)取引所はいくつかありますが、初心者にはコインチェックをおすすめします。

コインチェックの登録・口座開設・入金・取引方法を初心者向けに解説を参考に、口座を作るところからイーサリアム(ETH)の購入まで進めましょう。

2:MetaMask(メタマスク)を導入する

イーサリアム(ETH)を購入できたら、管理・保管するためのウォレットであるMetaMask(メタマスク)を導入します。

MetaMaskはGoogleクロームの拡張機能なので、ダウンロード&インストールは1分もかかりません。

セットアップは2分でやれるので、3分~5分で完了しますよ。

MetaMaskの導入方法からイーサリアム(ETH)の送金方法は、MetaMask(メタマスク)の始め方|イーサリアム(ETH)の送金方法を解説でまとめたので参考にしてください。

ゆん
MetaMaskの導入&イーサリアム(ETH)の送金までできたら、クリプトパンクス風のドット絵を作成していきますよ!

 

【NFTドット絵の作り方】CryptoPunks風ドット絵の作り方と販売方法

ここでは、CryptoPunks(クリプトパンクス)風ドット絵NFTアート作品の作り方を解説します。

以下の3ステップでCryptoPunksのようなドット絵NFTアートを作れますよ!

  1. ステップ1:無料アプリをインストールする
  2. ステップ2:ドット絵のピクセルアートを書く
  3. ステップ3:NFTアート作品として出品する

1つずつ解説しますね。

【NFTドット絵の作り方】ステップ1:「8bit Painter」をインストールする

CryptoPunks風のドット絵を作るために、無料アプリを使います。

ドット絵を描けるアプリはいくつかありますが、ここでは「8bit Painter」というアプリで進めていきますね。

ゆん
スマホでもタブレットでも、描きすい端末にインストールしてください。

 

【NFTドット絵の作り方】ステップ2:ドット絵のピクセルアートを書く

アプリをインストールできたら、起動しましょう。

ここでは、「8bit Painter」をスマホで描いていきます。

ゆん
タッチペンがあれば描きやすいですが、指でも普通に描けますよ!

 

「8bit Painter」をインストールすると、下記の画面が表示されます。

8bit Painter1

チュートリアルなのでサラーっとみてください。

チュートリアルが終わるとホームに来ます。

9枚の絵はスルーして、画面中央下の「+」をタップ。

8bit Painter2

「+」をタップすると、下記のようにピクセル数が選択できます。

お好みでよいですが、CryptoPunksは24×24なので合わせてみましょう。

8bit Painter3

24×24をタップすると、ドット絵の作成画面になります。

好きなように絵を描いてください。

ゆん
筆者は30秒でキノコのキャラクターを描きました。

 

8bit Painter4

描けたらダウンロードします。

右上の「…」から、シェア&エクスポートをタップ。

8bit Painter5

これでドット絵NFTアートの元データが作成できました。

ゆん
次に、作成したデータをNFTにします。

 

【NFTドット絵の作り方】ステップ3:NFTアート作品として出品する(所要時間10分程度)

さきほど作成したCryptoPunks風のドット絵をNFTアートにするために、「OpenSea(オープンシー)」を使います。

OpenSeaとは、NFTアート販売所のことで、世界最大級のNFTマーケットです。

NFTにするサービスはOpenSea以外にもありますが、ここならGAS代(手数料)が一回で済むのでおすすめです。

GAS代とは、手数料のこと。「Opensea」では、最初に出品する時だけ、システム使用料として「GAS代」を支払います。

具体的には、以下の3ステップでドット絵をNFTにして出品できます。

  1. OpenSeaとMetaMaskを連携する
  2. OpenSeaで「My Collections」を作る
  3. データをNFT化して販売する

MetaMaskの導入は済んでいるのですぐに終わりますよ。

所要時間は5分~10分です。

ゆん
それでは、OpenSeaMetaMaskを連携させましょう。

 

手順1:OpenSeaとMetaMaskを連携する

OpenSeaMetaMaskを連携させます。

GoogleクロームでOpenSea公式サイトにアクセスしてください。

opensea1

「作成」をクリックして、下記画面に移行したら「MetaMask」をクリック。

opensea2

MetaMaskが自動で起動するので、画面の指示に従います。

「署名」をクリックして、以下の画面に遷移すればMetaMaskとOpenSeaの連携が成功です。

opensea3

これで、OpenSeaMetaMaskの紐づけができました。

また、この時点でイーサリアム(ETH)を持っていない方は、コインチェックで口座開設(無料)して入手しておいてください。

イーサリアムがないと、NFTアートを作れません。

ゆん
次は、NFTアート作品を出品するお店(My Collections)を作ります。

 

手順2:OpenSeaで「My Collections」を作る

OpenSeaとMetaMaskの連携ができたので、OpenSea上に「My Collections」を作ります。

「My Collections」とは、NFTアートを出品するためのお店みたいなものです。

それでは、OpenSeaのトップページにいきましょう。

opensea1

作成をクリックすると、下記の画面に移行します。

opensea4

上の画像の右上部分、黄緑色ボタンにカーソルを合わせて「My Collections(マイコレクション)」をクリックすると、下記画面になります。

opensea5

上の画面になったら、「コレクションを作成する」をクリック。

下記の画面になったら、それぞれ入力していきます。

opensea6

ゆん
入力方法をサクッと解説しますね。

 

  • 自分のロゴイメージ
  • バナー画像
  • 名前(My Collectionsの名前)
  • URL(入力しなくてもOK)
  • 説明(My Collectionsの概要)
  • カテゴリー(作品のカテゴリー)
  • リンク(SNSなど貼りたいものをどうぞ)
  • クリエイターの収益・ロイヤリティ(重要につき下記参照)
  • ブロックチェーン(イーサリアムでOK)
  • 支払いトークン(イーサリアムでOK)
  • テーマを表示(お好みで)
  • 露骨で気密性の高いコンテンツ(どちらでも)
クリエイターの収益・ロイヤリティは、NFTアート作品が再販されたときに入る収益割合のこと。10%が最高です。

ロイヤリティーの設定では、ウォレットのアドレスを入力する必要があるので、MetaMaskのアドレスをコピーします。

opensea7

最後まで入力できたら、左下の「作成」をクリックして完了です。

画面が自動で切り替わり、以下の画面になります。

opensea8

ここまでくれば終わりは目前です。

あと1ステップですよ!

ゆん
次でラストです。Cryptopunks風ドット絵データをNFT化して出品します!

 

手順3:CryptoPunks風のドット絵データをNFT化して販売

前章の続きです。

「作成」をクリックすると、以下のような画面に切り替わります。

opensea8

 

右上の「Add item(またはアイテムを追加」というボタンをクリックして、先ほど作成したドット絵のデータをアップロードします。

あとは、作品の詳細を自分風に入力すればNFTアート作品の完成です。

ゆん
これでNFTアート作品の作り方・始め方は終了です。お疲れ様でした!

 

初心者がNFTアート作品を購入するならCoincheck NFT(β版)がおすすめ

coincheck hazimekata

ここまでは、CryptoPunks風ドット絵のNFTアートの作り方を解説してきました。

やろうと思ったものの「MetaMaskってなに?OpenSea?英語ばっかりでヤダ…」と思った方も少なくないでしょう。

そういう時は、コインチェックのNFTマーケット(Coincheck NFT(β版))が便利です。

コインチェックは日本の企業なので、日本人が使いやすいNFTマーケットを提供しています。

コインチェックの口座開設とMetaMaskの導入ができていれば、すぐにでもNFTアートを購入・販売できます。

OpenSeaの設定が面倒だった方には、Coincheck NFT(β版)がおすすめです。

【NFTドット絵】CryptoPunks(クリプトパンクス)の作り方・売り方:まとめ

CryptoPunks(クリプトパンクス)のようなドット絵のNFTアート作り方・売り方を解説しました。

CryptoPunksはドット絵ではあるものの、10000点限定と最古のNFTということで数千万円~数十億円の価値がついています。

しかし実際には、1作品2400万円以上もするCryptoPunksとは違い、数千円~購入できる安価なNFTアート作品は数多くあります。

NFTアートに興味がある方は、安価なNFTアート作品を購入して、投資ゲーム感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか?

CryptoPunksがそうであったように、安価なNFTアートが数年後・数十年後には数億円の価値になっているかもしれませんからね。

CryptoPunksの購入にはイーサリアム(ETH)が必要なので、コインチェックでサクッと口座開設して準備しておきましょう。

口座開設自体は無料なので、この機会にぜひ開設してみてください。

>>>コインチェック公式サイト

コインチェック

また、NFTアートの作り方・販売方法や買い方などの一連の流れは、【NFTアート作品・デジタルアート】の作り方・売り方を初心者向けに解説でまとめています。

NFTについてもっと詳しく知りたい方はご覧ください。

「自分で作るのはちょっと…でもNFTで稼ぎたい!」という方は、NFT転売がおすすめです。

小額の初期投資(1万円~3万円程度)があれば始められるので、楽に稼ぎたい方はどうぞ。

関連記事

NFT転売で稼ぎたい!儲けたい!始め方は? NFT転売のやり方・始め方が知りたいです。どうやってNFT転売で稼ぐの? NFT転売は初心者でもできるの?NFT転売を始める前にリスクや注意点が知りたい このような悩みを解決します。 […]

【NFT転売】のやり方・始め方と注意点|NFT売買・投資は儲かる?

今回は以上です。

コインチェック
Cryptopunks
最新情報をチェックしよう!