NFT(クリプトアート・デジタルアート)や暗号資産(仮想通貨)、メタバース、サブスクリプションの紹介をするサイトです。
NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前【NFTアートの背景と真実を解説】

NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前【NFTアートの背景と真実を解説】

NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前【NFTアートの背景と真実を解説】

NFT?稼げるって聞いたけど胡散臭いんだよなぁ…
NFTは仮想通貨みたいなものでしょ?怪しい…

このような悩みを解決します。

  1. NFTが胡散臭いと言われる5つの理由
  2. NFTがブームになっている背景
  3. NFTは今からでも稼げるのか
ゆん
NFTブームの波に乗ってNFT売買・投資を始めた筆者が解説します。

 

結論からいうと、NFTは胡散臭くもなければ詐欺でもないです。

ただ、NFTに関連付けられた詐欺や商材、誇大広告が多いのは事実です。

そのせいで、「NFTは胡散臭い…明らかに怪しい…」と思ってしまうのだと思います。

実際に、筆者がNFTをはじめたきっかけは「NFTなんてどうせ詐欺だろうけど見極めるか…」という考えでした。

そこでNFTを作ってみたり、売買をやってみたりしたところ、NFTそのものはまったく胡散臭くなくて詐欺でもないことがわかったのです。

本記事では、NFTが胡散臭いと思われている理由や背景を解説します。

NFTに対する胡散臭さ・不信感がなくなることでしょう。

NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前【理由は5つ】

NFTが胡散臭いと感じるのは、当たり前です。

NFTはまったく怪しくないし、胡散臭くもない素晴らしい最新技術なのですが、NFTというワードを使った詐欺が多すぎるんですよね…

ゆん
正直なところ、筆者もNFTを始めるまでは「どうせ詐欺やろ?」と思っていました…

 

理由は以下の通り。

  1. NFTが胡散臭い理由①:NFT関連の詐欺が横行している
  2. NFTが胡散臭い理由②:仮想通貨に関するネガティブイメージがある
  3. NFTが胡散臭い理由③:新しすぎる
  4. NFTが胡散臭い理由④:NFTの誇張広告が多すぎる
  5. NFTが胡散臭い理由⑤:アナログの価値観が根強い

1つずつ解説します。

NFTが胡散臭い理由①:NFT関連の詐欺が横行している

NFTそのものは、全く怪しくありません。

詐欺でもなければ違法でもなく、情報商材でもないです。

ただ、NFTに関連付けた詐欺が多すぎるので、NFTそのものに対する不信感があります。

NFTを作ったことがない人がマルチ商法で「NFTで月100万稼ぐ方法」みたいな詐欺商材を売っているのがいい例ですね。

NFTそのものは詐欺でも違法でもありませんが、「NFT」というワードを使った詐欺が多いのが現状です。

NFTが胡散臭い理由②:仮想通貨に関するネガティブイメージがある

NFTが胡散臭いと感じるのは、仮想通貨のイメージがあるためかもしれません。

仮想通貨が怪しいと思っている人は、NFTも怪しいと思いがちだからです。

仮想通貨は価値が半分になったり100倍になったりと、普通ではありえない値動きをします。

そのため、仮想通貨を知らない人からすれば「詐欺・怪しい・胡散臭い」と思ってしまうのも無理ありません。

NFTでは仮想通貨のイーサリアムを使うので、「仮想通貨は胡散臭いからNFTも胡散臭い」と思ってしまうのです。

NFTが胡散臭い理由③:新しすぎる

NFTは新しすぎるので、「NFTは胡散臭い」と感じるのは当然と言えます。

今は生活の一部になっているiPhoneですら、発売直後は「ガラケーでよくない?いらなくね?」と、新しすぎたせいでバカにされていました。

結果はご存じの通り、もはや生活になくてはならない代物になっています。

つまり、どんなに素晴らしいモノであっても、人々に理解してもらうまでは一定の時間が必要というわけですね。

NFTが本格的に表に出てきたのは2020年ごろからなので、まだまだ新しすぎるといえます。

NFTが胡散臭い理由④:NFTの誇張広告が多すぎる

NFTに関する広告は、誇張されているものが非常に多いです。

実際とは違うのに、見た人が誤解するような表現が良く使われています。

  • 絶対に稼げる
  • 初月に月収100万円
  • 誰でも稼げる

このようなことは、一握りの天才以外は当てはまりません。

100人中1人が該当するかも?というレベルなのに、あたかも全員が該当するかのように表現されがちなのがNFTです。

また、こんな感じの「例外中の例外だよね?」というような事例だけをピックアップして広告されがちなので、NFTは胡散臭いと思われやすいです。

NFTが胡散臭い理由⑤:アナログの価値観が根強い

NFTは最新のデジタル技術です。

未だにFAXを使う企業(官公庁)があるように、アナログの価値観が根強い場合があります。

人間は環境変化や新しいモノがストレスなので拒否しがちなのでよくわかります。

筆者も環境変化への対応が得意かと聞かれれば、NOと答えます。

しかし、よく考えてみてください。

これまでも「アナログ→デジタル」の連続でしたよね。

  • 手紙→メール
  • 紙文書→PDF
  • 手動運転→自動運転
  • 現金→QR・バーコード決済、仮想通貨

などなど。

今後数年はNFTに対する懐疑的な状況が続くかもしれませんが、その後はNFTをやっていない人の方が時代遅れになるかもしれません。

NFTは胡散臭い…NFTアートがブームになっている背景

NFTアートは、2021年9月ごろ、突如としてブームになりました。

背景に何があるのか解説します。

背景を知れば、NFTに対する胡散臭さ・不信感が和らぐでしょう。

  1. NFTブームの背景①:新しいモノを体験したい
  2. NFTブームの背景②:社会的ステータスになる
  3. NFTブームの背景③:宣伝・投資になる

NFTブームの背景①:新しいモノを体験したい

2021年後半、突如としてNFTブームが到来しました。

注目すべきは、NFTが資産家たちにとって「投資先」になりえたことです。

富めるものがさらに富む現代において、お金が有り余っている資産家は、さらなる「儲け」を求めて新しいものを欲しています。

その対象が今回は「NFT」でした。

NFTは、デジタルデータに証明書を付与する技術ですが、「アナログ→デジタル」に移行するうえで非常に重要な役割を果たします。

「DX」や「WEB3.0 」のように、今後も人々の生活はデジタル化が進むでしょう。

NFTという「新しいモノ」は投資先になりえる存在であり、大金をはたいてでも売買する価値があると判断した資産家が多かったことで、NFTブームがやってきたのです。

NFTブームの背景②:社会的ステータスになる

NFTは、一種の社会的ステータスになりつつあります。

「モナ・リザ」や「ひまわり」といった世界的名作を所有していれば、社会的「ステータス」になるのと同じです。

アナログ(現実)において所有しているか、デジタル(仮想空間)において所有しているかの違いですね。

筆者を含む一般人には理解が難しい世界ではあるものの、資産家たちが数千万・数億円という大金を使ってNFTを購入している事実が、「NFT=社会的ステータス」の証拠でしょう。

NFTブームの背景③:宣伝・投資になる

NFTの購入は、それだけでも宣伝効果があります。

特に、「クリプトパンクス」という世界最古のNFTアートは希少価値が高いので、購入しただけでも宣伝効果は抜群です。

通常ですと、宣伝するにはお金を使って広告を出す必要があります。

しかし、NFTを購入するだけでも宣伝になるので、そのまま広告になるのです。

つまり、NFTを購入するだけで、「宣伝しつつ」「投資にもなる」というわけですね。

このように、これから先の時代はどんなNFTを持っているかによって、個人の「社会的ステータス」が左右されると予想されます。

有名なNFTを購入するだけで、宣伝&投資になるので、世界中の資産家たちがこぞってNFTブームに乗っているのです。

ゆん
NFTは転売することもできるので、「投資」にもなるんですよ。

 

自分で作る必要もないですし、安いNFTは1000円程度で販売されています。

実は、我々一般人にとっても、NFT投資は参入障壁がかなり低いのです。

NFTは今から始めても稼げる?【よくある質問】

NFTは今から始めても稼げる可能性が十分にあります。

なぜなら、NFTは始まったばかりの技術であり、これからが本番だから。

今でこそビットコインは500万円~600万円(2022年4月時点)ですが、2019年は40万円代の時期があったのと似たような状況なんです。

bitcoin2019

出典:https://www.coindeskjapan.com/price/bitcoin/

ゆん
バブルがいつ来るかはわかりませんが、備えるなら早いうちがいいのは確かですね。

 

NFTは誰でも始められます。

日本の小学生が自由研究でNFTを作ったところ、約380万円で落札された件なんて良い例です。

さすがにこれは「うまく行き過ぎた例」ですが、夢があっていいですよね…

また、NFTで使う仮想通貨は「イーサリアム」であることも、夢を持てる理由の1つです。

イーサリアムについては、イーサリアム(ETH)とは?NFTとの関係や将来性を解説でまとめていますが、一言でいうなら「将来性しかない仮想通貨」ですね。

NFTを始めれば、NFTの作り方・始め方・売り方だけでなく、イーサリアム(仮想通貨)にも詳しくなれます。

これだけで周りよりも大幅に進んでいるので、稼げるチャンスに飛びつきやすくなっているでしょう。

NFTは始めたもの勝ちな状況なので、やるなら早い方がよいです。

ゆん
以下でよくある質問をまとめました。よろしければどうぞ。

 

1:NFTの初期費用は?

1万円程度です。

NFTの出品時に、手数料としてイーサリアムが1万円分ほどいります。

2:NFTでは何を売ればいい?売れるものは?

NFTでは、自分が好きなものを作って売るのが良いです。

なんとなく書いたイラストでもいいし、好きなキャラを模した絵でもOK。

ただし、

  1. NFT作品に統一性がある(ジャンルが同じ)
  2. ストーリー性がある(1つ1つの作品が物語としてつながっている)
  3. 作品数に限りがある(1万点限定など)

上記を満たしていることがNFTで稼ぐために必要なので意識してみてください。

自分で作るのではなく、数千円で購入して放置するNFT投資もよいですね。

数か月後、数年後に何百万円・何千万の価値になっているかもしれません。

3:NFTで稼ぐ方法は?

大きく3つあります。

  1. NFTを自分で作って販売する
  2. NFT転売
  3. NFTスカラーシップ

①は、自分で作品を作って販売する方法です。

元手が一番安く済みます。

②は自分ではNFTを作らずに、他者が作ったNFTを購入して、値上がりした時点で売却する「NFT転売」です。

「NFT投資」ともいわれています。

元手がある程度は必要ですが、NFTは1000円程度で出品されている作品も多いので、見る目があればぼろもうけできます。

③は、「NFTゲーム」というやつです。

他者からNFTを借りてゲームし、成功報酬を山分けする方法ですね。

初心者向きではないのでおすすめはしません。

4:NFTの注意点は?リスクはないの?

NFTには詐欺作品があります。

偽物が出回っているので注意してください。

本物との見分け方やその他の注意点は、以下の記事でまとめています。

5:自分でもNFTは始められる?失敗しないか不安…

NFTは誰でも始められます。

しかし、NFTで稼げるのは一握りです。

簡単ではないことは頭に入れておくべきかと。

ただ、NFTを始めてみると、お金ではなく自分の感性や生活に対する幸福度が全く違ってくると思います。

アートに対する意識は、感受性を豊かにしますからね。

その意味では、お金以上の幸福をNFTがもたらしてくれるので、「失敗」はしないと断言できます。

NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前:まとめ

NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前です。

怪しいと思ってしまうようなことが、そこらじゅうにありますからね。

ただ、そこで思考停止してしまうと非常にもったいないですし、チャンスを失っていることは自覚したほうがよいです。

ネットの情報だけを信じるのではなく、実際にやってみることが稼げる人とそうでない人の決定的な違いですからね。

ゆん
最後に、本記事のまとめに入ります。

 

NFTが胡散臭いと思われる理由5つ

  1. NFTが胡散臭い理由①:NFT関連の詐欺が横行している
  2. NFTが胡散臭い理由②:仮想通貨に関するネガティブイメージがある
  3. NFTが胡散臭い理由③:新しすぎる
  4. NFTが胡散臭い理由④:NFTの誇張広告が多すぎる
  5. NFTが胡散臭い理由⑤:アナログの価値観が根強い

NFTアートは胡散臭い…ブームの背景

  1. NFTブームの背景①:新しいものを体験したい
  2. NFTブームの背景②:社会的ステータスになる
  3. NFTブームの背景③:宣伝・投資になる

NFTを始めるなら今がチャンス

NFTは始めったばかりです。

ビットコインのようなバブルはこれからなので、早く始めたほうが先行者利益をとれます。

ゆん
NFTは無料アプリで作れるので、やってみるだけやってみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

デジタルアート(NFTアート)の作り方が知りたい…超初心者でもできますか? デジタルアート(NFTアート)作品の作成方法は?稼ぐまでのロードマップも知りたいなぁ…! 初心者がわかるように、デジタルアート(NFTアート)の作り方~売り[…]

【NFTアート作品】の作り方・始め方を超初心者向けに解説

 

本記事が、あなたのお役に立てることを祈っております。

今回は以上です。

コインチェック
NFTが胡散臭いと感じるのは当たり前【NFTアートの背景と真実を解説】
最新情報をチェックしよう!